幼稚園教諭(幼稚園の先生)と保育士との違い

免許の違い

「幼稚園教諭」と「保育士」は、同じような仕事と思われがちです。たしかに、どちらも「子どもを預かる」という仕事ではありますが、その特徴は違うものになります。

幼稚園は文部科学省の管轄になり、一つの「学校」という分類になります。そのため、なるために必要とされる免許も幼稚園「教諭」免許と呼ぶように「教諭」になります。

一方、保育園は厚生労働省の管轄です。保育園は子どもを日中に保育できない(難しい)保護者が子どもを預けるところであり、保育士は保護者の代わりに日常生活の援助をしたり、保育を行います。

幼稚園教諭も保育士も、それぞれ必要な免許を取得するには、養成課程のある学校や通信教育で学ぶ必要があります。

専門学校・4年制大学・短期大学では、希望することで保育士・幼稚園教諭の2種類の免許を卒業と同時に取得することができます。

通信教育では上記の通学制の学校に行くよりも早く免許を取得することが可能ですが、実習は行われます。また、学校に通った人のほうが就職活動の際には有利といわれています。

仕事面の違い

仕事面でも違いはあります。先ほどの説明のように、幼稚園教諭は一つの学校の先生となり、子どもに生活するうえでの知識を伝え、教育していくことが大きな役割となっています。

子どもを預かるのは1日平均して4〜5時間ほどになります。その後、延長保育を行っている幼稚園は19時頃まで預かります。

一方、保育園は保護者の代わりとなり、生活の援助をします。排泄や食事などの基本的生活習慣を子どもが身に付けられるようにすることが大きな役割です。

子どもを預かる時間は最長で12時間ほどです。最近は世間のニーズから、深夜保育を行う園も増加傾向にあります。

子どもとのかかわり方や遊びの内容などにそれほど差はないものの、幼稚園が「教育」を主な目的としているのに対し、保育園は「保育」を目的とするという違いがあります。

しかし、子どもが成長するように日々努力するということは同じであり、子どもが好きであれば、どちらを選んだとしても、毎日がとても充実する仕事になるでしょう。

待遇の違い

幼稚園は公立と私立があり、公立幼稚園で働く場合は地方公務員として定められている給料や待遇が適用されます。

私立の場合は勤務先の園によってだいぶ待遇にバラつきがあり、全体としては公立幼稚園のほうが安定した環境で働きやすいことから人気が高くなっています。

保育園も公立と私立があり、幼稚園と同様に公立は地方公務員の身分になります。

私立は園によって運営方針も雰囲気もさまざまであるため、就職前に「自分に合う環境かどうか」ということをしっかりと見極めたほうがよいでしょう。

仕事体験談