ヨガインストラクターの給料・年収

大手ヨガスガジオ正社員の給料

ヨガインストラクターの給与は、どのような勤務形態、また、どの地域で働くかによって大きく変わります。

たとえば、東京都内のある大手ヨガスタジオの正社員の場合、初任給は約17万円です。昇給は年2回あり、経験を積んでいけば、月収30万円くらいまで伸ばすことができるようです。

神奈川県横浜市の小さなヨガスタジオでは、経験1年以上のヨガインストラクターを月給約19万円で募集していました。ヨガインストラクターとしてレッスンを担当しながら、店舗マネージメント業務も行います。

小規模なヨガスタジオの場合、昇給は将来の業績に左右されます。

一般に、正社員のヨガインストラクターの場合、年収にすると250万円〜400万円が相場のようです。

フリーランスで働く場合の給料

フリーランスのヨガインストラクターは、ヨガスタジオやフィットネスクラブなどと契約し、1レッスン単位で報酬を受け取ります。

東京都や横浜市、大阪市といった大都市の例ですと、1レッスン(60分〜75分)で3000円〜5000円が相場です。報酬額は、ヨガインストラクターとしての経験や実績、人気度などによって決まってきます。

1日2レッスンで6000円〜1万円の収入になりますが、毎日コンスタントにレッスンがあるとは限らず、収入額はインストラクターによってバラバラです。

平均年収が高いインストラクターの条件

一般に、ヨガスタジオやフィットネスクラブに勤めて経験を積んだ後、独立して働いているヨガインストラクターは、年収が高い傾向にあるようです。

フリーランスとして働くようになると、美容師やマッサージ師と同じように生徒から人気の高いヨガインストラクターほど年収が高くなります。

特にヨガインストラクターの場合、「先生のようになりたい」と慕われることが、自分の収入に直結します。

フィットネスクラブやスポーツジムなどの施設で人気のレッスンを受け持つようになれば、レッスン料を上げることができます。また、個人向けのプライベートレッスンなど仕事の幅も広がるでしょう。

将来的に自分のスタジオをもつことができれば、さらに高収入をあげることも夢ではありません。ヨガの指導スキルを磨き、たくさんの生徒から慕われるようなインストラクターになれれば、収入も上がっていきます。