ヨガインストラクター鈴木伸枝さん

指導者養成の講師としても活躍し、1000人以上のインストラクターを輩出。講師育成や、全国のイベント出演、雑誌監修など、活動は多岐にわたる。鈴木伸枝パーソナルヨガスタジオ-Releace Space-主宰。「自分を生かすYOGA」をモットーに、「ココロ」と「カラダ」双方の健康を目指し、ひとりひとりが「自分らしく生きていく」サポートを、ヨガを通して行うことをライフワークとしている。

HP:鈴木伸枝オフィシャルサイト

鈴木さんは、学生時代からヨガインストラクターをめざしていたのですか?

いいえ、もともとヨガのことは名前程度しか知りませんでした。

体育大学に進学したのでスポーツはずっと身近なものだったのですが、私の社会人デビューは会社に就職するのではなく、いきなりフリーランスだったんです。

当時、「ダブルダッチ」という、2本のロープを使うパフォーマンスで生活していこうと考えていました。

好きなことを仕事にする喜びを実感していた反面、次第にフリーで働く厳しさを味わうようになりましたし、ダブルダッチはものすごく体力を使うので、40歳を超えて続けられるものではないなと考えるようになって。

そこで別の仕事を探し始めたときに、一度は会社勤めをしてみたいという気持ちが出てきまして。

とはいえ、もともと職人気質なところがあり、いわゆる事務や営業の仕事は正直楽しめないと思ったんですね。

そのなかで「これだったら」と思えるものの職業の一つに、ヨガインストラクターを見つけたんです。

そこからどのような道をたどって、ヨガインストラクターになったのでしょう?

まずはヨガの資格を取りに行きました。

日本にはヨガの国家資格がないのですが、民間のスクールが発行する資格はいくつかあります。

無事に資格を取得し、そのまま通っていたスクールを運営する会社へ正社員として就職しました。

就職活動はスムーズに進みましたか?

当時、ヨガインストラクターとして正社員で働ける場は、いま以上に少なかったと思います。

たいていは業務委託の形で、「1レッスンあたりいくら」で働くのが一般的とされていました。

ですが私は正社員になることを目的としていたので、スクールの先生にしょっちゅう「就職情報をください」とアピールしていたんです。

そのおかげか、会社で人が足りなくなったタイミングで声をかけていただき、運よく正社員として就職することができました。

会社員時代は、どのような日々を送っていらしたのですか?

就職先の企業はベンチャー、さらに私が入社したのは会社が事業を大きくしていこうとしているタイミングだったこともあって、朝から夜遅くまでとても忙しく働いていました。

レッスンのインストラクターだけでなく、資格取得のためのスクール講師、顧客管理や売上管理、さらにヨガインストラクターの評価制度や授業のカリキュラムの作成など、早い段階から責任ある仕事を任せていただくことができました。

ハードな日々ではありましたが、私はどちらかというと人に命令されて動いたり同じことを繰り返したりするのが苦痛なタイプなので、自分で考えて、仕事を動かしていけることはやりがいでもありました。

ただ、「インストラクターをめざす人にヨガを教える」という役割を担う以上、自分自身がヨガの勉強も深くしていかなくてはならず、最初の1年間はほとんど寝られない日々を送っていました。