予備校講師への転職

同業種からの転職

「教える力」を最重要視している予備校業界において、同業種からの転職は比較的容易といえます。

高校教師の場合は教員免許を取得している点が有利に働くこともありますし、生徒の年代も近いため、予備校からの評価は高いでしょう。

とくに進学校の教師や、教師経験の長い人材は優遇される傾向にあるようです。

塾講師は予備校講師に近い職業ではありますが、基本的に小学生〜中学生が指導対象のため、大学受験レベルの学力があるかどうかが採用の鍵になります。

授業スタイルも塾と予備校では異なるので、大人数制を想定した授業を行うためにシミュレーションをしておいた方がいいでしょう。

採用の際には筆記試験の成績と模擬授業のクオリティが重視されるので、その2点をクリアすることがポイントになります。

もちろん塾講師時代の実績もチェックされるので、相応の結果を出してから転職に臨んだ方がいいでしょう。

同様に、小中学校の教師も学力と授業の質が重視されます。教えることには慣れていても、小中学生と予備校生では授業内容にも生徒の年齢層にも隔たりがあります。

予備校に通用するだけの実力を認められれば、予備校講師としての道が開けるでしょう。

家庭教師は基本的には個別指導のため、一斉授業が多い予備校ではキャリアとして見なされないこともあります。

まずは書類審査を通過するために、履歴書で過去の実績をしっかりとアピールしましょう。また、個別指導型の予備校であれば一人ひとりに密着して教える力は大きな武器になります。

他業種からの転職

他業種から予備校講師への転職はハードルが高いかもしれません。実力社会ですから、まったくの未経験で飛び込むのはかなり難しいといえます。

他業種からの転職の場合、ポイントになるのは講師歴の有無、教員免許の有無、学歴です。ブランクがあったとしても、過去の講師、教師経験は採用の上で重要な判断材料になるでしょう。

また、担当希望科目に関連する学部、学科出身者であれば、ある程度の知識は修得しているものと見なされます。

書類審査が最初の関門になりますが、そこをクリアできれば実力次第では採用も見込めるでしょう。