予備校講師になるには

学歴が必要になる場合も

予備校講師に必要な資格はほとんどありません。しかし、予備校講師になるために簡単な試験を用意している予備校や、学歴が必要な予備校もあります。

一般的に、全国展開しているような予備校になると、採用の基準も高くなります。

少子化の影響もあり、業界的にも厳しくなっているので、大学を卒業していきなり大手の予備校講師になるのは難しいと考えたほうがいいでしょう。

大手の予備校講師になる前に、中小の予備校や塾講師などを経験して応募する人も多くなっているようです。

予備校講師の採用基準

予備校によって、講師の採用基準は大きく異なります。エリート志向の強い予備校になると、東京大学、京都大学などの有名国立大学卒業などが要件になっているところもあります。

採用の際に試験を用意している予備校もありますし、ほとんどの予備校が採用に講師としての経験年数を求めているようです。

中小の予備校の場合、アルバイトでの講師の経験でも採用される場合があるようですが、大手の予備校になると社員として講師をし、さらにどれくらいの実績があるかなども見られてきます。

予備校講師になるために必要なこと

予備校講師になるためには、自分の専門とする科目を徹底的に勉強することはもちろん、どうしたら生徒にわかりやすい授業ができるか、どうすれば生徒と信頼関係を築けるかなどもしっかりと考える必要があります。

一対一の個別指導スタイルの予備校もありますし、授業型の予備校もあります。

どちらにしても、生徒に理解してもらえるために授業を工夫する必要がありますので、学生時代のうちに家庭教師、塾の講師のアルバイトなどを経験しておくのもよいでしょう。