野菜ソムリエの生活

生活スタイルは人によってさまざま

野菜ソムリエの働き方は、企業や団体などの組織に所属、フリーランスでの活動、独立開業など人によってさまざまです。

働き方はもちろん、野菜ソムリエとして「どんな活動をするのか?」によっても、生活は異なります。ここでは、代表的な働き方とその生活スタイルをいくつかご紹介します。

企業・団体に勤める場合

食品メーカーや農業関連の組合などに所属して働くのであれば、基本的に各組織が定める勤務時間で働くことになります。朝8時〜9時頃に始業し、夕方5時〜6時頃に終業するのが一般的です。

野菜ソムリエとして身につけた知識を、自社が行う商品開発や農産物のPR活動などに生かすことが期待されます。

フリーランスで活動する場合

野菜ソムリエはフリーで働く人も少なくありません。組織で働く場合と大きく異なるところは、仕事量や時間の使い方を自分でコントロールしやすくなる代わりに、仕事も自分で見つけなければならないという点です。

ブログなどで情報発信をしながら仕事の依頼を待ったり、野菜ソムリエ仲間と情報共有をして、新しい活動方法を見つけていく人もいます。

実績が積みあがっていけば、講演やレシピ本の執筆依頼、料理教室の講師など、さまざまな案件が舞い込んでくるでしょう。

一方、日常は主婦をしながら、子どもが学校に通っている日中の時間帯など、空いている時間だけを使って無理なく仕事をする人もいます。

同じ「フリーの野菜ソムリエ」といっても、活動状況は人によってだいぶ違うと考えておいてよいでしょう。

その他

農家で働いていれば農業をやりながら、自治体と協力して閑散期などに生活者へ野菜の魅力を伝えるためのイベント活動を行ったり、独立開業して事務所を立ち上げ、より大きな仕事を請け負う体制を整える人などもいます。