野菜ソムリエの給料・年収

資格者優遇の職場をさがす

野菜ソムリエは、受講費が安くない分、収入に結びつくかどうかは気になるところだと思います。

しかし野菜ソムリエとは資格であり、職業ではないので、どこでそれを生かすかによって、収入はまったく違うのが実情です。主婦として日々の生活に役立てる人から、スーパーやカフェの店員として働く人、大手企業につとめる人まで、実にさまざまなのです。

単純に、収入に役立てるのなら、「野菜ソムリエ資格者優遇」の職場を当たってみることになります。とくに、飲食店のスタッフの募集では、比較的多く見かけるようです。

そのような職場では、資格手当がついたり、給与が上乗せされるなどの待遇があることも珍しくありません。

野菜ソムリエは仕事に生かすもの

基本的には、野菜ソムリエの資格をとったからといって、それがすぐさま収入に反映されることは少ないでしょう。

なぜなら、ワインのソムリエのように、そのまま職業として成立するものではないからです。さまざまな職場で、より素晴らしいサービスを提供したり、新しい商品の開発に役立てたりと、知識そのものを生かすための資格といえます。

そのため、一般的な給与は明確ではなく、それぞれの資格者が選ぶ仕事によるのです。雑誌やテレビで紹介されるような野菜ソムリエも、本業はシェフであったり、何らかの仕事に資格を生かしている人が多いはずです。

「日本野菜ソムリエ協会」の講師陣も、さまざまな経歴を持っているようです。

独立・開業の可能性も

野菜ソムリエの中には、それまでの仕事から独立して、資格をフルに生かす人もいます。料理研究家として、食に関する情報を発信したり、新しい時代の八百屋を開業したりと、その種類は多岐にわたっています。

いきなり最初からは難しくても、ある程度、食品業界で経験を積んでから、自分ならではのビジネスを立ち上げるのも一つの方法です。リスクもありますが、いずれ高収入にもつながる可能性が大きい道といえるでしょう。