野菜ソムリエKAORUさん

ラジオ局で報道キャスターを務める傍ら、野菜ソムリエの資格を取得。全国で第一号の野菜ソムリエとなる。現在は、日本野菜ソムリエ協会の講師として野菜ソムリエの育成に力を注ぐほか、主にTV・ラジオ・雑誌で活躍。またセミナーや講演、執筆活動も行っている。さらに飲食店等のレシピ開発や大手企業とのコラボ商品も多数手掛ける。書籍に『干し野菜手帖』『野菜たっぷり!サンドイッチレシピ』(ともに誠文堂新光社)がある。

HP:野菜ソムリエ KAORU ★ベジフルブログ★
日本野菜ソムリエ協会HP

KAORUさんは今、どんなお仕事をされているのですか?

主な仕事内容は、野菜ソムリエとして生活者に野菜の魅力を伝える講演活動や自治体のイベント、メディアへの出演、レシピ提案、商品開発などです。

また、野菜ソムリエの資格のPR活動や協会で開催している野菜ソムリエ講座の講師もしています。

全国に5万人以上いる野菜ソムリエの資格取得者のうち、KAORUさんはその第1号とのこと。資格を取った経緯は?

以前の私は、食とは全く関係ないラジオ局で報道キャスターの仕事をしていました。でも、その頃から野菜や果物が本当に好きで。周りから「ちょっと変わってるよね」って言われるくらい、野菜オタクだったんです(笑)

野菜ソムリエの資格ができた時、職場の人たちに「向いてそうだから受けてみなよ」と薦められて挑戦しました。将来、新しい仕事に繋がるかも…なんていう期待感は全くなくて、ただ「大好きな野菜のことをもっと知りたい!」っていう気持ちでしたね。

野菜が好きになったのには、何かきっかけがあるのですか?

photo2

信州出身で、子どもの頃は新鮮な旬の野菜や果物が身近にあるのが当たり前でした。

でも大学進学を機に上京した時、東京のスーパーで売っている野菜や果物が、私の知っているそれと違うことにショックを受けて…。

地元のものとはみずみずしさが全然違うのに値段は高いし、本当に驚きました。

と同時に、それまで私がとても恵まれていたことに気付いたんです。同じ日本でも、流通でこれだけ変わる。地域によって、同じ野菜でも手に入る品種が違う。そんなことを考えているうちに改めて「私って野菜や果物が好きだったんだ!」って。

それで、野菜や果物のことをもっと知りたいと思ったのですね。

はい。もともと「人に伝える」ことが好きだったので、野菜や果物の本当のおいしさを知らない人に、「本当はこんなにおいしいんだよ!」って伝えたくなりました。

でも、当時はまだ野菜ソムリエの資格がなく、大学の専攻も食とは関係なかったので、野菜の勉強は趣味の一つでした。デパ地下の野菜売り場の人と仲良くなって情報を仕入れたり、野菜のおいしいレストランを見つけてみたり。

サラダバーがあるレストランにしょっちゅう出入りしていたら、「野菜を食べ過ぎるから出入り禁止!」なんて言われちゃったことも(笑)

当時はわかりやすい野菜や果物の解説本が出ていなかったので、図書館で植物学や農業の専門書を読み漁っていました。だから、みんなにも「変わってる」って思われてたみたいです。