野菜ソムリエになるために勉強すること

野菜ソムリエになるためのレベル別勉強方法とは

野菜ソムリエになるための勉強方法は、レベルが3段階に分かれているため、そのレベルに合わせた勉強方法が必要です。

もしあなたが「ジュニア」で満足するなら、とにかく講座を熱心に聞くことです。そして参考書の内容を学生の時に戻って「暗記」しましょう。

合格率85%ですから、そこまで難しいというわけではありません。

もっと上を目指すなら野菜ソムリエに挑戦です。ハイレベルになることを覚悟しましょう。

もともと野菜ソムリエの資格試験は青果販売業者を対象にしたプロのための資格だったため、レベルもかなり高くなっています。

特徴的なのが筆記試験に加えて、プレゼンテーションと面接があることです。

プレゼンテーションは今まで講座で学んできたことの集大成、そして面接は、これから野菜ソムリエとして社会貢献していくための意欲と意志の確認といってもいいでしょう。

野菜ソムリエになるための具体的勉強内容とは

「ジュニア野菜ソムリエ」を目指すための勉強内容としては「野菜ソムリエ」の社会的な位置づけや、立ち居振る舞い、敬語、会話などコミュニケーションに関する勉強。

こちらは、講義をしっかり聞いていれば常識範囲でクリアできるでしょう。

野菜に関する勉強は、主に野菜と果実の違いなど野菜に対する基本的な知識や定義。青果物のJAS法や食品衛生法表示の表示内容の見方。遺伝子組み換えに関する表示やアレルギー食品に関する情報の読み取りなどがあります。

栄養学も勉強しなければなりません。たとえば栄養素の働きと主な食品、生活習慣予防のための野菜、予防と取り組み方法などです。

料理に関する勉強もあります。野菜に関する料理で「切る」「蒸す」「煮る」「焼く」など野菜によって適した調理方法をマスターします。

こちらは料理が得意な人なら楽しく学ぶことができるでしょう。

以上は、「ジュニア」レベルの勉強内容ですが、これに加えて上級の「野菜ソムリエ」になるためには、作物の生産から流通、さらに食の歴史や時事問題まで、かなり専門的な知識を学びます。

さらに最高峰であるシニアでは、ビジネスの現場で知識を生かすことを目的としたカリキュラムが組まれています。

このように野菜ソムリエになるために勉強することは、レベルが上がれば上がるほど広範囲にわたります。

「野菜」ひとつでも、これだけ多くのことや人、システムやルールがあることに驚かされるとともに奥が深いと感じることでしょう。

それだけにやりがいと価値を見出す人が多く、人気の資格になっています。