薬剤師に向いている人、適性

几帳面な人

薬剤師にとって最も一般的な仕事は「薬を調剤すること」です。医師の処方せんに従って、患者さんのために正しい分量や配合で薬を用意しなければいけません。

この仕事には、細かい作業がつきものです。薬の分量は○ミリグラム、○ミリリットルというように定められていますから、この数値からずれないように丁寧に計測しながら薬を作らなければならないのです。

もしも「少しくらいの誤差ならいいだろう」と、薬剤師がいい加減な分量で配合をしてしまえば、薬の副作用で患者さんの健康を奪うことにもつながりかねません。

細かい作業にも決して手を抜かない、几帳面で責任感のある人が、薬剤師には求められます。

化学が好きな人

言うまでもないことですが、薬剤師は理系の専門職です。特に薬の効能や調合について理解を深めるためには、化学の分野の知識が欠かせません。

大学の薬学部では化学の勉強は必須ですし、国家試験でも化学の知識は必ず問われます。薬剤師になってからも、新薬のメカニズムを理解するためには化学から離れることはできません。

薬剤師をめざすのであれば、化学をはじめとした理系の学問と向き合うことが大前提です。薬剤師になるまでもなってからも膨大な勉強量が必要なので、「もともとこういった分野の勉強が好き」という人でないと務まらない仕事でしょう。

人に教えるのが上手な人

薬剤師にとっては、その薬がどんな効用のあるのか、どのように服用すれば良いのか、どんな副作用が考えられるかを患者さんに説明することも大事な仕事のひとつです。

しかし、薬局を訪れる患者さんのほとんどが医療の知識を持たない一般人です。さらに高齢化社会が進む近年では、お年寄りの患者さんも大変多くなっています。

薬剤師には、こうした人たちに、一度で「正しく」「わかりやすく」薬について説明することが求められるようになってきました。

自分に薬学の知識がある、というだけではなく、その知識を上手に人に伝えられるコミュニケーション能力がある薬剤師こそが、これからの薬学界には必要とされています。