製薬会社の薬剤師

医療の未来を担う研究職

薬剤師の活躍の場のひとつとして、民間の製薬会社があります。

近年の医学や薬学の発展はめざましく、難病やがんを治療できるような最新の薬を作るため、世界中で薬の研究が行われています。効果の高い新薬を作り出すことができれば製薬会社にとって莫大な利益につながるため、多くの製薬会社が薬の研究や開発に全力を注いでいるのです。

薬学部で勉強した人たちの一部はこういった会社の研究職に就職し、薬の臨床実験やデータ収集に携わっています。ときには、厚生労働省に申請する新薬の承認申請書を作ることもあります。

このような薬の研究は医学の未来を左右するほど重要な仕事であり、同時に製薬会社の社運を背負う責任の重い仕事でもあります。決して誰もが就けるような仕事ではなく、薬学部出身者のなかでも特に優秀な人材だけがたどり着ける仕事と言えます。

薬学部の学生のなかでも、研究職をめざすのであれば大学院まで進学して薬学の知識を深めてから就職するというのが一般的になっています。

MRとして活躍する道も

また、製薬会社には研究職以外にも医薬情報担当者(MR)としての職があります。MRは病院などに対して自社製品の薬の情報提供をするのが仕事です。

MRになるためには薬剤師の資格が必要なわけではありませんが、たくさんの医薬品を扱うため相当なレベルの薬学知識を必要とします。薬学部出身の人はこうした分野の知識が抜きんでているので、MRになるには有利だと言われています。

実際に薬学部を卒業した後、民間の製薬会社でMRとして活躍している人はたくさんいます。

ただし、MRの仕事は自社製品の「情報提供」だけをすれば良いというわけではなく、販売につながるよう営業をかけることも仕事のうちです。MRになるためには、薬学に詳しいだけではなく、薬を売るための営業能力があることも求められます。