薬剤師の魅力

女性が活躍しやすい職業

薬剤師は、女性が活躍しやすい職業だと言われています。現在働いている薬剤師の男女比率を見てみると、4(男性):6(女性)と、女性が多いことがわかります。

なぜそれほど、女性が多いのでしょうか。

理由のひとつは、専門性の高い職業であるため、待遇や仕事内容において男女が差別されることはないということが挙げられます。国家試験に合格さえすれば、男女関係なく同じ労働条件で働くことができます。

薬剤師の場合は特に、力仕事や営業や接待があるわけでもなく、深夜残業や出張があるわけでもありません。体力のない女性でもハンディを背負いにくい仕事とも言えます。

また、一般企業のOLに比べて給料が高いので、安定した生活を送ることができます。資格を持っている職業は専門性が高いので、結婚や出産で退職をしても比較的再就職がしやすいのも魅力です。

正社員以外にも、パートやアルバイト、派遣社員として働く道もあり、薬剤師はまさに生活スタイルに合わせてさまざまな働き方ができる職業なのです。

独立開業のチャンスも!

薬剤師の資格を持っていれば、独立開業して自分の調剤薬局をもつことが可能です。

全国どこに行っても必ず病院があるように、薬局も全国どこに行っても必要とされる施設です。「いつかは地元に戻って開業したい」という希望を持っている人にとって、その可能性を高めてくれる職業のひとつと言うことができます。

また、薬局を開業すれば、店舗の開業時間や休日のスケジュールを自分で組むことができますし、給料も自分のがんばり次第で増やすことができます。医療に従事しながら、経営のノウハウを学ぶこともできるというのが、大きな魅力です。