管理薬剤師とは

管理薬剤師の役割

管理薬剤師とは、店舗や薬局などでの薬剤を管理し、さらにすべての業務や従業員の管理・指導を行う薬剤師です。

一般的な薬剤師が調剤業務をメインとしているのに比べると,事業全体に関わる業務が中心になるといえます。

病院や調剤薬局、ドラッグストア、製薬企業など、医薬品の製造・販売・取扱いを行う場所には、管理薬剤師を配置することが薬事法により定められています。

身近な例として、調剤薬局やドラッグストアの場合、経営者には薬剤師の資格は必要ありませんが、かならず1店舗に1人、管理薬剤師を置かなければなりません。

管理薬剤師になるには

管理薬剤師になるには、薬剤師以外の特別な資格は必要ありませんが、薬の知識だけでなく管理する能力も必要です。

薬事法に関する法律や保険医療に関する専門的な知識も要求されます。

また患者さんや従業員、経営者ともコミュニケーションをとらなければならないため、総合的なバランス感覚やコミュニケーション能力をもつことが重要です。

職場での昇進や、経営者から声をかけられて管理薬剤師になることが通常のパターンのようです。

しかし、1店舗に薬剤師1人というドラッグストアでは、雇用された薬剤師がそのまま管理薬剤師となるパターンも多いようです。

管理薬剤師に必要なスキル

管理薬剤師の業務は、大まかには医薬品の管理と従業員の監督に分けられます。職場の管理職のような立場ともいえます。

それぞれの医薬品に関して十分な知識をもち、適切な管理と保管をするため、管理薬剤師には医薬品に対する知識と経験が第一に必要とされます。

また正しい情報を集め、他の薬剤師と共有するなど、情報の管理も担当することから、情報収集能力も重要です。薬事法など薬に関連する法律に対する理解や、保険請求に関しても詳細な知識が求められます。

そのほか、従業員が適切な仕事をし、患者さんへ適切な情報提供を行っているか、法令が遵守されているかも監督します。

こうした業務には、知識や経験だけでなく、人間性やコミュニケーション能力も不可欠です。