薬剤師として海外で働くには

海外勤務の実情

海外で薬剤師として勤務する場合、日本の薬剤師資格のみで通用することはほとんどありません。

まずその国の資格試験に合格し、薬剤師の免許を新たに取得しなければなりません。

しかし、国によって薬の使用に関する法律や規制が異なっていることもあり、その国の国籍がなければ受験資格さえないこともあります。

外国人でも受験できる場合は、その国の薬事法などを理解していれば合格の可能性はありますが、かなりの語学力が必要です。

日本の資格のみで働く方法

海外での薬剤師資格がなくても、留学生や研修生としての待遇であれば、派遣先で薬剤師として研究などを行うことはできます。

薬の調剤はできませんが、研究者として大学などに就職できる場合もあります。

ただし、留学や研修に関しても、一部の国や地域では条件が課されていることもあります。

たとえばアメリカの一部の州ではインターンのための試験合格、オーストラリアでは学歴・臨床経験・英語力などが求められています。

語学力はどれくらい必要か

海外で働くためには、観光とは異なり、その国の標準あるいはそれ以上の語学力が必要となります。

たとえば英語の場合、世界標準の英語能力試験であるTOEFL試験は550点以上が望ましいとされます。

また英語を母国語としない人を対象としたコミュニケーション力を測るTSE試験でも、ある程度の成績を残すことが重要です。

高得点を取るのは難しいかもしれませんが、海外で仕事をしたいと考えているのであれば、これらの試験でよい成績を取っておくことが、条件のよい就職につながります。

海外での薬剤師免許

海外での薬剤師免許は、その国によって条件が異なります。ここでは英語圏の国について紹介します。

アメリカ

アメリカの場合、薬剤師の免許は州によって発行されます。

受験資格は州ごとに異なり、外国人の受験を認めていない州では、認定の薬学部に編入した後に受験することが必要です。

オーストラリア

オーストラリアは、国内外で規定の学問を履修した人のみ薬剤師登録が可能です。

またオーストラリアの薬剤師免許保持者は、永住権制度の査定において優遇措置があります。

カナダ

カナダもアメリカと同様、薬剤師免許は州によって発行されます。

外国人の場合は、薬剤師試験の前に書類審査と筆記試験に合格することが必要で、一部の州では語学試験や研修が課されることもあります。

イギリス

イギリスでは、外国人が薬剤師として就労する場合には登録が必要です。

登録には書類審査、インタビュー、試験合格、特別講習の受講、薬局での研修勤務が義務づけられています。