薬剤師の実習

薬剤師になるには実習を

薬剤師は、国家資格を取得している人だけが就くことができる職業であり、国家資格を取るためには薬学が学べる大学を卒業することが必須条件です。

薬剤師をめざす人は、薬学系の大学に入学し、6年かけて「有機化学」や「生物化学」「薬剤学」「疫病学」など、薬学に関する幅広い知識や技術を身につけます。

かつて薬学部は4年制でしたが、平成18年からは医学部や歯学部と同じように6年制のカリキュラムを修了しなければ国家試験を受けることができなくなりました。

この新しい6年制のカリキュラムでは、5年次以降に調剤薬局や病院などの医療現場で実務実習を行うことが義務付けられています。実習は10週間以上と比較的長く、現場での調剤や患者さんへの対応を通して実践的なスキルを身につけることを目的としています。

実習先をどこにするのかについては、学生の希望を聞いてもらえることもあります。学生にとって実習は貴重な職場体験の機会でもあり、卒業後に実習でお世話になった薬局や病院にそのまま就職する人もいます。

実習前には試験も

薬学部の学生の実務実習は、実習とは言え医療現場に直接関わることになるため、大きな責任が伴います。薬学に関する基本的な知識を身につけていなければ、取り返しのつかない医療ミスにもつながりかねないのです。

そこで、実習に入る前には、薬学部生を対象とした「薬学共用試験」を受ける必要があります。「薬学共用試験」というのは全国の薬学系の大学生が共通で受験する試験で、大学間の格差はなく、等しく能力を測ることができます。

この試験で一定の成績を収めた人だけが、実務実習に参加することができます。