派遣の薬剤師

需要の多い「派遣の薬剤師」

薬剤師は資格を持っている人しか就くことのできない職業であり、専門性の高い職業です。このため、病院や調剤薬局での需要も高く、正社員以外にもさまざまな働き方の求人があります。

そのひとつが「派遣の薬剤師」という働き方です。この場合、派遣会社の社員となって、派遣先へ出向して働きます。ただし、もちろん一般的な派遣社員のように「企業で事務職に就く」というわけではなく、あくまでも病院や調剤薬局で薬剤師として働きます。

実は、薬剤師は女性が多い職業であり、出産に伴う産休や育休の取得などで一時的に人員不足になる職場が非常に多いのです。こうした穴埋めをするための存在として派遣社員へのニーズが高く、「薬剤師専門」の派遣会社も何社も存在しています。

女性を支える多様な働き方

派遣社員の薬剤師となった場合、ひとつの職場で働く期間は大体半年〜3年ほどです。一定期間ごとに更新になるケースが多いのですが、一部の求人では「紹介予定派遣」となっていることもあります。

「紹介予定派遣」というのは、いずれ雇用することを前提とした派遣のことで、派遣社員として数か月働いて能力が認められれば、そのまま正社員か契約社員へと雇用形態が変わります。

派遣社員の薬剤師のなかには、こういった求人に応募して派遣社員から正社員への道を掴みとる人もいます。

薬剤師の派遣社員は、その専門性の高さから時給も高く、時給2000円以上になることは珍しくありません。一般的な派遣の仕事と比べても割の良い仕事と言えるでしょう。

派遣社員の薬剤師として働いているのは主に女性で、結婚や育児でフルタイムでは働けないけれど資格を生かして働き続けたいという人たちが、派遣社員として活躍しています。