ドラッグストアの薬剤師

増える「ドラッグストア薬剤師」

最近では、医薬品や化粧品がたくさん揃えてある「ドラッグストア」が全国的に急増しており、ドラッグストアに勤める薬剤師も増えています。比較的給与が高いことが多いようです。

薬剤師が常駐している店もありますが、どちらかと言うと「平日だけ」あるいは「一部の時間帯だけ」薬剤師が窓口にいるという店も多くあります。

なぜドラッグストアに薬剤師が必要なのでしょうか?その理由は、2009年に改正された薬事法にあります。

現行の薬事法では、薬の種類によって販売できる人を定めています。薬剤師ではなくても販売できる薬「第二類医薬品」「第三類医薬品」に対して、薬剤師でなければ販売できない薬「第一類医薬品」があり、アレルギーの薬や胃薬、禁煙補助剤などは後者にあたります。

つまり、ドラッグストアは薬剤師がいないと後者のような薬を販売できないのです。

こうした理由から、お客さんが多い時間帯に薬剤師を雇いたいと考える店が多いのです。正社員からパートまで、ドラッグストアにはさまざまな働き方の薬剤師求人が出ています。

接客も掃除も仕事のうち

ドラッグストアで働く薬剤師は、お客さんからの相談や質問に答えながら症状に合う薬を選択して販売するのが役割です。

一方で、こうした店では、薬剤師でありながら1人の店員として働くことも求められます。

薬に関する業務だけをすれば良いというわけではなく、ドラッグストアで販売している他の商品を並べたり、お客さんに接客をしたり、レジ打ちをしたり…さまざまな業務があります。店によっては店内の掃除も行います。

ドラッグストアで働く薬剤師の場合は、とにかく「店のことは何でもする」という姿勢が必要です。遅くまで開いている店も多いので、帰る時間が遅くなることもあります。

研究よりも体を動かすほうが好き、接客が楽しい、というタイプの人に向いている仕事と言えます。