調剤薬局の薬剤師

調剤薬局で働く薬剤師

薬剤師の活躍の場として最もイメージしやすいのが、調剤薬局でしょう。

病院内や病院の近くにある薬局に常駐し、医師の処方せんに従って正しい分量で薬を調合して患者さんに渡すのが主な仕事です。多くの人が、病気やケガのときに一度はお世話になったことがあるのではないでしょうか。

調剤薬局の仕事の流れとしては、まずは患者さんから医師が記入した処方せんを受け取ります。それから病状などを簡単に聞きとり、問題がなければ薬を調合して渡します。

もしも処方の内容に不明な点や不審な点があれば、この時点で医師に連絡を取って確認をする義務があります。

患者さんへの丁寧な説明が命

薬が用意できたらあとは患者さんに渡すだけですが、この際に説明責任があります。

その薬がどんな効用のある薬なのか、どのように服用すれば良いのか、どんな副作用が考えられるかを丁寧に説明して患者さんに理解してもらうことも大事な仕事なのです。

もしも説明がうまく伝わらなくて、薬を飲み間違えてしまったら、思わぬ副作用が出るケースがあります。

健康体の人が飲んでもなんともない薬でも、アレルギーを持っている人や妊娠している人が飲むと危険な症状を引き起こすケースもあるのです。

こういったリスクを避けるために、薬剤師が患者さんに丁寧に説明をすることが求められます。正しく安全に薬を使ってもらうために、医療と患者さんの架け橋となるのが調剤薬局で働く薬剤師の役割です。

薬の発注や清掃も

患者さんが来ない時間には、薬の在庫を確認して足りないものを発注する作業を行います。

また、スムーズに薬を出せるように、風邪薬や湿布薬のようなよく出る薬を一定量ずつまとめて輪ゴムでとめておいたり、袋に入れておいたりもします。

さらに、室内の清掃も欠かせません。薬局はたくさんの病人が訪れる場所でもあるので、いつでも清潔にしておくことが大切なのです。