病院の薬剤師

入院患者さんの投薬をサポート

薬剤師というと一般的には「薬局の窓口で薬を処方してくれる人」というイメージが強いようですが、実際にはさまざまな活躍の場があります。そのひとつが、病院です。

病院にはたくさんの患者さんが入院しています。特に規模の大きい総合病院になると、内科から外科、産婦人科、皮膚科までさまざまな診療科があり、何百人もの患者さんがそれぞれの病気を治療するために入院しています。

病院に勤務する薬剤師は、こうした入院患者さんに投薬するための薬を管理するのが主な仕事です。医師の処方せんに従って正しい分量で薬を調合して準備したり、薬の在庫を確認して足りないものを発注したり、患者さんの副作用のチェックをしたりしています。

医療現場に密着したケアを

薬の処方をするという点では調剤薬局での仕事とあまり変わりませんが、使用する薬の種類には大きな違いがあります。

調剤薬局で取り扱う薬は塗り薬や飲み薬がメインになりますが、病院では注射薬や点滴用の輸液を多く取り扱います。注射や点滴は患者さん個人の体の大きさやその日の病状に合わせて配合を変えることが多いため、調剤には細心の注意が求められます。

また、調剤薬局であれば夕方で店舗を閉め、日曜日や祝日等は休みということが多いのですが、病院の場合はそうはいきません。

注射や点滴は24時間、休日や祝日も行われるものであることが多いため、病院勤務の薬剤師は休日出勤や夜勤も多くなる傾向にあります。

大変な面も多い病院薬剤師ですが、医師や看護師と一緒にひとつのチームとして医療に携われるということや、患者さんに薬が効いているかどうかを自分の目で確かめることができるという点でやりがいを感じる人も多いようです。

治療が確実に進められるよう、投薬の面からサポートするのが病院薬剤師の大事な役割なのです。