アルバイトの薬剤師

需要の多いアルバイト

薬剤師は資格を持っている人しか就くことのできない職業であり、専門性の高い職業です。このため、病院や調剤薬局での需要も高く、正社員以外にもさまざまな働き方の求人があります。

そのひとつがアルバイトです。薬局やドラッグストアに行くと「薬剤師のアルバイト募集」の求人広告が貼ってあるのを見かける機会があります。

求人広告の労働時間を見てみると「平日だけ」あるいは「都合がつく時間帯だけ」でも良いというケースも多く、なんとしてでも薬剤師を雇いたいと考えているのが伺えます。

では、なぜ店側はそうまでして薬剤師を雇いたいと考えているのでしょうか?その理由は、薬事法にあります。現行の薬事法では、薬の種類によって販売できる人を定めています。

薬剤師ではなくても販売できる薬「第二類医薬品」「第三類医薬品」に対して、薬剤師でなければ販売できない薬「第一類医薬品」があり、アレルギーの薬や胃薬、禁煙補助剤などは後者にあたります。

つまり、ドラッグストアは薬剤師がいないと後者のような薬を販売できないのです。

そこで、薬剤師にアルバイトとしてお客さんの多い時間帯だけ出勤してもらいたいと考える店も多いのです。薬剤師のアルバイトは、比較的「売り手市場」と言えるでしょう。

アルバイトは既婚女性に人気

アルバイトの薬剤師となった場合、労働時間は一日数時間からOKで、勤務も「平日だけ」「休日だけ」と臨機応変に対応してもらえることが多いようです。

薬剤師のアルバイトは、その専門性の高さから時給も高く、時給1500〜2500円ほどになることは珍しくありません。一般的なパートやアルバイトと比べても割の良い仕事と言えるでしょう。

薬剤師のアルバイトをしているのは主に既婚者の女性で、結婚や育児でフルタイムでは働けないけれど資格を生かして働き続けたいという人たちが、アルバイトとして活躍しています。