在宅のライター

ライターは在宅で働きやすい仕事

近年、「在宅ライター」という言葉がよく聞かれるようになっています。

ライターは、その大半がフリーランスで働いています。

コンテンツ制作会社や編集プロダクションなど、一部の企業では社内にライターを抱えていることもありますが、全体的に見ると、フリーで活動し、出版社などから案件を受注して執筆するというスタイルをとっているライターが多いです。

ライターは、執筆に関していえばパソコンとネット環境さえあれば場所を問わず働くことができるため、基本的に自宅で作業をする時間が多くなります。

ある程度、事業が軌道に乗っているライターであれば、自宅とは別の場所に事務所や執筆スペースを借りて仕事をすることもありますが、「自宅兼事務所」として仕事をしている人は少なくありません。

ただし、一般的に「在宅ライター」という場合には、上記のようにライター業を本職としている人のことではありません。

サラリーマンが週末に、あるいは主婦が空いた時間にお小遣い稼ぎをするといったような、いわゆる副業や内職的な働き方を指すことが多いようです。

クライアントとの信頼関係は何よりも大切

在宅でライター業をするといっても、仕事である以上、クライアントとのやりとりは必ず発生します。

ただし、在宅勤務であると、どうしてもクライアントと顔を合わせてのコミュニケーションの機会は少なくなりがちで、ほとんどがメールあるいは電話でのやりとりになります。

顔が見えない相手と信頼関係を築くことは、決して簡単なことではありません。

納期は守る、メールなどのレスポンスをできるだけ素早く行う、といった基本的なことを意識しつつ、プロとして求められるクオリティを満たすものを書かなくてはなりません。

在宅勤務であると、好きな時間に仕事を進めることができたり、通勤時間がとられないといったメリットが多々ありますが、自分自身でモチベーションを高めて仕事に向き合う必要があります。

そして、クライアントと地道な信頼関係を築き上げることが、次の仕事につながっていきます。

在宅のライターになるには

在宅のライターとして働く方法はいくつか考えられますが、最も近道なのは、ネットを利用してライター募集の記事を探し、応募する方法でしょう。

とくに最近ではクラウドソーシングサイトで、ライター募集記事が多く出ています。

そこでは「未経験者可」の募集も多いため、比較的簡単に在宅ライターとして仕事を始めることができます。

そのほか、編集プロダクションなどの企業が、自社サイトに「外部協力パートナー」としてのライターの求人を出している場合もあります。

過去のライティング実績が問われるケースもよくありますが、少しでも経験がある場合は、そうしたところから仕事を見つけてみるのもよいでしょう。
そして、クライアントと地道な信頼関係を築き上げることが、次の仕事につながっていきます。