ライターになったらやるべきこと

前職のコネを大切に

これからプロのライターとして新たな道を歩みたいと思っている方はまず、現在の会社を退職するにあたり、いままで客先で手に入れた名刺を大切にしましょう(※企業によっては返却を求められることもあります)。

そして、大量の名刺を3つに分けます。

1.出版社や編集プロダクションなどの名刺
2.ホームページがない中小企業、もしくは、ホームページを作ることを業務にしている企業
3.出版社や編集プロダクションなどと関わりをもっていそうな企業

ゼロからライター稼業をはじめるにあたり、最初の難関が仕事を手に入れることです。普通は経験もなく、キャリアもないライターは採用されません。

ですので、退職した会社で培ったパイプを有効的に活用しましょう。

先方には自分が新たにフリーランスでライターに就いたこと。そして、案件があれば、記事を書かせてもらう旨を伝えましょう。

運がよければここで仕事が手に入りますし、あいにく仕事がなくとも、自分がライターになったということを先方に認識させれば、ひょんなことから案件が降ってくるかもしれません。

自分を知ってもらう

名刺作りも忘れずにしましょう。肩書きに「ライター」と記載すれば、もうプロライターの仲間入りです。

最初は自分を知ってもらうために、できるだけ多くのお客さまと直接会い、名刺を交換して面識を持ちましょう。

そのお客様自体が関係なくとも、「取引先がライター探してるみたいだよ」などと声がかかるかもしれません。

ライターの求人を探す

そして、出版社や新聞社、編集プロダクション、フリーペーパー、Webとあらゆる媒体でライターの求人が出ているかを確認します。

このとき、出版関連はまだアプローチしなくてもいいでしょう。なぜなら、非常にシビアな世界なので、充分なキャリアを積んで自信ができてから応募した方が懸命です。

となると、最初はWebライティングから始めるのが手をつけやすいでしょう。

主婦や副業のサラリーマンなどが片手間にやっているものですが、本業にすればある程度は稼ぐことができるでしょう。

また専門知識を深めることも忘れずに行いましょう。最初は幅広い知識よりかは、自分が得意な分野の知識を深めて、その分野に対しての求人を探した方がいいです。

もし得意な分野がなければ、一通りの分野の記事をWebライティングで請け負い、実際書いてみて確かめてみるのも必要です。

上記に挙げたことがライターとして本格的に動く前段階となります。