ライターの仕事内容

媒体に掲載される記事を書く

ライターとは、取材や資料の収集をして、雑誌、書籍、Web、フリーペーパーなどに掲載される記事を書く仕事です。

おもに編集者から「こういう企画のために、こういう文章を書いてほしい」という依頼を受けて仕事をします。

ライターが書く文章の内容は、媒体の特性や種類によって多種多様なものとなります。

たとえば、美容関連、自動車関連、旅行関連、企業ホームページの文章、マニュアルなどが挙げられますが、そこでは必ず「何のために書くのか」という目的を考える必要があります。

また、その文章を「誰に届けたいのか」というターゲットも踏まえたうえで、コンセプトに基づいたピントの合う文章を作り上げていきます。

最近は時代の変化により、インターネット上に掲載される文章を書く機会が増えています。ホームページの記事ライティングから、ブログの代筆、ニュースサイトの情報更新、メルマガなど、さまざまな仕事があります。

取材やインタビューも大事な仕事

ライターは、現場取材をして写真撮影をしたり、人物インタビューをしたりしながら、文章を作成することもよくあります。

ライターというと、紙やパソコンに向かってひたすら文字を重ねていくイメージが強いかもしれませんが、じつは対話能力や写真の撮影能力が必要となるときもあります。

ただし、ライターといってもさまざまな仕事をこなしている人がおり、すべての人が取材やインタビューをするわけではありません。

書籍や雑誌の場合は出版社、もしくは編集プロダクションと打ち合わせする機会もあります。昨今は、記事の執筆だけではなく、写真と文字の配列や構成からライターが請け負うこともあります。

経験豊富なライターのなかには、任されたページを丸ごと作りあげる人もいます。

その際はパソコンを使ってDTP作業による編集を行うため、専用ソフトのスキルや編集の知識も必要になってくる場合があります。

ライターは得意分野を持っている

ライターといっても、その活躍の場はじつに幅広いものとなります。

たとえば、シミュレーションゲームなどのストーリーを手掛けるシナリオライターがいれば、ゲーム内の会話などを執筆するライターなど、さまざまな場面で文章を作る専門家が活躍しています。

このほか、芸能人や経営者などの代わりに書籍執筆を行うゴーストライター、広告やバナーのキャッチコピーをつくるコピーライターなども、ライターの一部に含まれます。

ライターには、広く深い知識が求められますが、ほとんどのライターはすべての仕事を請け負うのではなく、自分の得意分野を1つか2つ持ち、それを強みに仕事をしています。

ライターの仕事内容は多彩にあるため、自分がどの分野に適しているのかを見極めることも、のちのち必要となってくるでしょう。