ライターへの転職

未経験での転職は難しい

それまでは別の仕事をしていたけれど、ある仕事に転職したいと考えたとき、多くの人は転職者向けの求人サイトをチェックするでしょう。

しかし、「ライター」という職業は、さほど求人が多いわけではありません。

出版社、編集プロダクション、Web制作会社、広告代理店など、自社にライターを抱えている企業も少なからず存在しますが、それらで大々的に求人を出していないこともあります。

また、中途採用ではどうしても即戦力になれる人が求められる傾向にあります。

異業種からの転職は簡単ではないと考えておいたほうがよいでしょう。

編集職から入り込む方法も

ライターに転職したいのであれば、まず編集プロダクションなどで「編集職(編集アシスタント)」として働くのもひとつの手です。

「編集」となっていても、ライターのように自ら記事を執筆することはよくあります。

何より、業界の動きや制作の流れについて現場で体感できることは、その後のライター人生にもおおいに役立ちます。

なお、編集プロダクションには大小さまざまな会社があり、なかには限られた人員かつタイトなスケジュールで制作を進めるなど、相当厳しい職場もあるといわれています。

しかし、この世界で仕事をする以上、締切にはつねに追われ続けることになります。

ある程度の厳しさに慣れておけば、のちのちフリーになってから「苦労しておいて良かった」と実感できるときがくるはずです。

業界未経験者がいきなり正社員の編集職として転職するのは難しいですが、アルバイトであれば求人はそれなりに出ています。

短期間でみっちりとスキルを磨き、ライターとしてデビューすることを検討してみてもよいでしょう。

気になる企業には問い合わせてみる

もし、どうしても「この会社でライターとして働きたい!」といった意思があるのなら、直接電話などで問い合わせてみるのもよいでしょう。

たとえその時点で求人を出していなくても、積極的に採用は行っていなくても、熱意が認められれば面接試験のチャンスを与えてもらえることもあります。

とくにライターが活躍する業界は人脈重視の面もあり、フットワークの軽い人が歓迎されやすいため、自分からどんどん売り込むくらいのつもりでいくと道が開けるかもしれません。

いつでもフリーランスになることは可能

ライターは、企業への就職ではなく、フリーランスとして個人で仕事をすることも可能です。

ライターになるための資格はとくに必要でないため、誰でも名刺を作って「ライター」と名乗れば、すぐにライターとして活動を始めることができます。

出版社や編集プロダクションなども、外部の協力スタッフとして優秀なフリーランスのライターとつながりを持っておきたいと考える企業がたくさんあります。

しかし、やはり経験やスキルがあってこそ仕事につながるため、未経験者が仕事を安定的に獲得するのは非常に難しいのが事実です。

ただし、最近ではクラウドソーシングサイトも普及し、そこでライターの仕事を見つけ、地道にこなしながらスキルアップし、人脈を広げていくといった方法をとることもできます。

ライターとして活躍するための方法はさまざま考えられるため、自分の目指す姿をイメージしながら行動してみましょう。