ライティングスキルを向上させるためには?

ビジネス書を読む

ライティングスキルを身に付けたいという方は、まず本を読むところからはじめます。本はビジネス新書などが適しています。

ビジネス本はプロのゴーストライターが書いている場合が多く、またさらに編集の手も加わっておりますので、少なくとも文章的には完璧な状態となります。

ですので、読む際は内容を読むのではなく、文章を一文一文確認するようにしましょう。

文章で心がけること

では、ライターにはどのような文章が必要なのか。

1.読者の誰もが理解できる言葉遣い、文章。
2.読者の誰もがわかりやすい言葉遣い、文章。
3.読者の誰もが受け入れてくる言葉遣い、文章。
4.日本語的文章力

このように、読者の視点になって、ライティングスキルを向上させる必要があります。余計な固くるしい言葉や哲学的な言葉ではなく、わかりやすい文章です。

わかりやすい文章とは具体的には、

(1)蛇足になる修飾文は最後に持ってくる。
(2)主語と述語の関係を明確にさせる。
(3)場合によっては結論を先に持ってくる。
(4)体言止めはなるべく避ける。

などになります。

プロの講師に添削してもらう

現在ではライター講座や通信講座で上記のようなライティングスキルの向上を目的としたスクールも開講されています。

もちろんプロの講師に添削してもらうのは有効的です。

初心者に見せても「これでいいんじゃない」「言っている意味はわかるよ」などと、向上に必要な的確な指摘をもらえないことも多いでしょう。

一方、もともと出版社など執筆に携わる職務経験がある方はあえてお金を払って勉強する必要性もありません。

執筆に関してまったくの初心者であれば、上記(1〜4)のような執筆のルールを身に付けることがライティングスキルの向上に繋がります。

独学でもスキル向上はできる

もちろん費用や時間の問題でスクールに通うことが難しい人もいるでしょう。

そういった場合は、書店に行けばライティングスキルの向上をテーマにした本はあるので、それを一冊読破してみることをすすすめします。

へんに難しく考える必要はありません。文章とは人によって個性やクセはどうしてもでてしまうものですし、それを補ってくれる編集者を見つけるという手もあります。

大切なのは、読者が読んで納得、理解のいく文章を書くことです。