正社員のライター

正社員の求人内容

ライターという職業に興味がありながら、できればよりよい給与や待遇を求めて、正社員として働きたいと考える人はたくさんいることでしょう。

ライターの代表的な就職先としては、まず編集プロダクションが挙げられます。

しかし、そこでは必ずしも正社員の募集が行われるとは限らず、全員が契約社員やアルバイトからのスタートとなることも珍しくないようです。

ライターを募集する企業での採用人数はさほど多いわけではないため、さらに正社員としての就職となると、意外と狭き門になると考えておいたほうがよいかもしれません。

Web系の企業でもライターが活躍

ライターというと雑誌や書籍といった紙媒体の記事に携わるイメージが強いかもしれませんが、最近ではWebコンテンツを作るライターの需要も大きくなっています。

そのため、Webメディア企業などでもライターの募集が増えており、そこで正社員の求人が出ることがあります。

紙媒体とWeb媒体では制作の流れや執筆上の細かなルールなどは変わってきますが、「書く」ということはもちろん共通しています。

どうしても正社員のライターになりたい場合は、就職先の選択肢を広げてみるとよいでしょう。

アルバイトから正社員になる人も

ライターのように特殊なスキルを要するクリエイティブ系職種は、まず正社員以外の雇用形態で一定期間働き、会社側から実力やセンスを判断されることで正社員に登用されるケースも多いようです。

どうしても働きたい会社がある場合、まずはアルバイトであっても入り込むことさえできれば、あとは一生懸命仕事をしているうちに努力が認められて正社員になれる可能性はあります。

ライターは経験によって得られるものも大きく、雇用形態は関係なく、しっかりとした技術を持っている人や、クライアントのニーズをきちんと拾い上げていける人のところに仕事が集まってきます。

そして、身につけたことや実績は、転職時に大きなアピール材料にすることが可能です。