ライターで生計を立てられる?

兼業をしている人が多い

ライターで生計を立てるということは、ライターを本業として行うということです。

プロのライターでも年収は300万円に満たない方が大勢います。そのことから、定期収入が入る仕事をしながらライター業務に励んでいるという方がほとんどです。

それはアルバイトであったり、通常の会社勤務であったりです。

また、ここ最近は自分で会社を起業する方も多く見受けられます。この場合は報酬としてではなく、会社間の取引という形となります。

そして、無論業務内容はライター業務だけではありません。

たとえばホームページを作成するIT関連の業務内容として立ち上げ、そのついでにホームページに掲載する記事も請負い、これをライター業務にあてているといった企業もあります。

継続する仕事を見つける

ライターの怖いところは、毎月の固定収入がなかなか見込めないところにあります。

また、記事単価も叩かれるので、結局1記事安く請負い、数をこなさなければならなくなります。

ですので、これらを解決するためには、メルマガや定期連載、ニュース情報記事など毎月固定記事枚数と報酬が見込め、なおかつ長期契約できる企業を見つけるところからはじまります。

ではどのように見つけるかというと、これは努力して見つけるという以外ありません。

出版社や編集プロダクションにコネがあるのであれば、それを頼りにしてもいいですが、コネもツテもないという方は、とりあえず企業のホームページを手当たり次第見て求人を確認することからはじめます。

このようにライターで生計を立てられるかという質問の答えはYESであり、NOであります。

毎月単発の記事を請け負ってばかりでは、生計を立てることはできないでしょう。

連載物を請け負うと、原稿料も高く、長期に渡る契約が取れます。またキャリアアップもできるでしょう。

そのあたりがライターで生計を立てるにあたっての大きなポイントとなります。