ライターの生活

人それぞれ生活スタイルは異なる

ライターの生活は、人によってまったく異なるものになるといえます。

会社勤めの場合は一般的な職種の社員と同じようなスタイルで働きますが、大半のライターはフリーランスで働いているため、勤務時間や休日が定められているわけではありません。

自分自身でスケジュールを組み立て、締切に間に合うように執筆を進めていくことになります。

ただし、請け負う案件の内容やボリュームは毎回同じものとは限りませんし、同時にどれだけの案件を請けているかによっても、1日の過ごし方が変わってきます。

余裕がある時期はメールチェック程度で外へリフレッシュに出かけることもありますが、案件が重なっている時期は、1日中部屋にとじこもって執筆作業をするといったこともあります。

朝型か、夜型か

ライターは、大きく「朝型」の人と「夜型」の人に分かれるようです。

取材に出ることが多いライターの場合、アポイントメントはほとんど日中に入るため、自然と朝型の生活をすることになります。

メリハリをつけて働きたいといった理由から、一般的な会社員と同じように、朝から夕方くらいまで仕事をするスタイルをとっている人もいます。

一方、あまり外に出ることがなく、ほとんど自宅などでこもって執筆を進めていくライターの場合には、完全な夜型になっている人も少なくありません。

昼前に起きて、午後から少しずつ活動をスタートし、本格的な執筆は夜遅くから明け方にかけて行うといった具合です。

昼間と夜中、どちらのほうが集中できるかは人それぞれ違いますが、執筆は思っている以上に集中力を要する行為です。

自分が最もよいパフォーマンスで書ける時間帯に仕事を進めていくことになるでしょう。

ただし、締切が立て込んでいるときなどは、睡眠時間や自由時間を削ってひたすら執筆します。

朝型のライターであっても、夜遅くまで仕事をすることもあります。

駆け出しのライターはアルバイトをすることも

フリーランスになったばかりのライターは、ライティングの仕事だけで生計を立てることが難しく、別のアルバイトをしながらライターとしても働くケースが珍しくありません。

アルバイトのほうが本業になってしまわないよう、忙しい合間をぬって、ライターとして自分を売り込みに出かけるなどの努力が求められます。

ライターとしてある程度実績を積むまでは、収入面でも不安定な生活を送ることになるかもしれません。

上手にリフレッシュすることが大切

ライターは、基本的に自分一人きりの世界に閉じこもって執筆をします。

自宅で一人作業をしていると、「そういえば、今日は誰とも会話をしていない」という日も出てくるでしょう。

それが苦にならない人であれば問題ありませんが、それでもたまには外に出て散歩をしたり、誰かと会話をするようにしたりして、リフレッシュすることも大切です。

ダラダラと執筆を進めるより、煮詰まったと思ったらその日は寝てしまったり、好きなことをして気分転換をし、あらためて仕事に向き合うほうが結果的によいものが書けることはよくあります。

自分なりのオンとオフの切り替えや気分転換法を見つけることも、ライターとして安定して長く仕事をしていくためには大切なことです。