ライターの給料・年収

ライターはどうやって収入を得る?

ライターの給料のもらい方は大きく、編集プロダクションなどの会社勤めをしている人と、フリーランスで働いている人の2種類に分けることができます。

前者の場合、一般的な会社員と同様、会社から給料が支払われます。正社員の場合は月給、アルバイトの場合は時給といった形で、事前に決められた金額をもらうことになります。

一方、後者の場合は会社員とは異なり、「案件ごとに○○円」といった単価の形で報酬を得ることになります。

ライターの単価は、その人の実力や経験などによってかなりの幅があります。駆け出しのころは月数万円から月収10万円そこそこになる人がもっとも多いようです。

しばらく文章を書き続け、出版社や編集プロダクションに名前が売れてくると、それだけ単価も高くなりますが、一気に稼げるようになるライターの数は少ないです。

こうしたことから、ライターの年収は人によってゼロ円に近い人もいれば、いくらでも稼いでしまう人もいます。

原稿料の具体例

ライター業務のなかでも、比較的原稿料がいいのはゴーストライターなど本一冊の執筆です。

この場合、取材などで経費もかかってきますが、最低で一冊35万円ほどから請け負うことができます。また、これはあくまでも原稿料であり、多くの場合は印税の契約もするでしょう。

この際の印税契約は、最初から単行本の価格と発行部数で印税が決まるパターンと、重版されてから初めて印税が決まるパターンがあります。

また、「最低保証金額」というものが決まっていることもありますが、これは出版される書籍によって異なるため、一概にはいえません。

原稿料に関しては、編集プロダクション、もしくは出版社のどちらから依頼が来るかで変わってきます。簡単にいえば、出版社経由のほうが原稿料は高くなります。

なぜなら、基本敵に編集プロダクションは出版社から一冊丸ごと、もしくは編集・レイアウト部分を請け負っているからです。

つまり、編集プロダクションからすると、少しでもかかる経費を節約したいという気持ちがあり、そのしわ寄せは当然のごとくライターの原稿料にきます。

ただし、メルマガなどのような定期購読向けの連載執筆であれば、原稿料は通常の単発ものよりも高く見積もられる傾向にあります。平均は1回あたり2万円前後でしょう。

Webライティングは単価が低め

最近は、副業サイトで「ライター募集掲示板」をしばしば見かけるようになりました。

そこでは、「600文字の記事で100円」といった破格の単価設定になっていることも珍しくありません。

「初心者でも気軽にはじめられる在宅ワーク」といった位置づけでこのような募集が増えているようですが、本当にライターを職業としてやっていきたいのであれば、こうした仕事を長く続けることはあまりオススメできません。

単価の低い案件は、記事の質についてもさほど問われないことが多いですから、レベルアップにはつながりにくい面があります。もちろん、単に相場を完全に無視した単価設定になっていることもあります。

ライターとしてのスキルアップを目指す過程で、余っている時間に単発でこのような安価な記事依頼を請け負うのがよいでしょう。

いずれにしても、ライターの原稿料とは人によってかなりの幅があり、何年も経験を積んでいるライターでも年収300万円に満たない人も大勢います。

一方、有名なライターは単価も高く、数千万円の年収を得ている人もいますが、この仕事で本当に稼げるようになるのは簡単なことではありません。