ライターの求人、募集の状況

未経験からライターになりたい場合

ライターの求人や募集は、決して少ないわけではありません。しかし、その内容については案件ごとにだいぶ異なっています。

近ごろ「ライター」の求人で目立つのは、副業や内職として記事を執筆するものです。いわゆる「在宅ライター」といわれるもので、ほとんどがWebライティングになります。

Webライティングといってもさまざまな案件がありますが、「特定のテーマに沿って、指定されたキーワードを入れて、○○文字の記事を書く」というものが多いです。

こちらはクオリティをそこまで問われないケースも多く、未経験者でも積極的に採用しているケースが多々あります。

気軽に始められる分、単価は相当低く設定されていることが一般的で、この仕事だけで月に10万も20万も稼ぐのは非常に難しいものがあります。

ただし、未経験からライターをやってみたいという場合には、経験を積むとっかかりとして、Webライティングの求人を探してみるのもよいでしょう。こちらは比較的簡単に見つけることができます。

ライターを本業にしたい場合

一方、最初から本気でライターを目指したい、本業としてやっていきたいという場合には、やはり出版社や編集プロダクションへ入社し、編集の経験を積んでから独立するほうがよいでしょう。

業界知識、制作の一連の流れを現場で学ぶことができますし、個人でWebライティングをやっているよりもずっと深い知識とスキルが得られることは間違いありません。

出版社への入社は難しく、とくに大手では新卒でなければ難しいケースもありますが、編集プロダクションではアルバイトの募集がしばしば出ています。

そこで編集アシスタントとして経験を積み、「編集とは何か」を理解し、ライターとして独立する流れをとる人は多くいます。

会社で積み上げた経験や実績は、ライターとして独立してからもアピール材料にすることができます。