ライターを目指す人が覚悟すべきこと

書くことが好きな人にはおすすめ

ライターというのは非常に過酷です。小説家や画家、芸術家のように感性が必要ですし、常に新しい情報と知識を求め続ける必要があります。

また、どんなに有名になったとしても小説のよう何百万部も売れるものではありませんし、画家のように記事単価で破格の高い値段で請け負えるような案件もありません。

しかしながら、「文章を書くことが好き」「文章を書くことで収入を得たい」「自分の文章が他人に読まれていると思うとワクワクする」などといった、執筆に関して特別な想いがあるのであれば、ライターという職業はおすすめできるかもしれません。

最初は大変

最初のうちは、とても安い原稿料で記事を請け負うことになるでしょう。

また、仕事自体がないかもしれませんので、まずはクライアントを見つけるところからはじめることでしょう。

そして1日何千文字、何万文字と書くときもあります。

それが苦になってしまうときもあります。「やっぱりやめておけばよかった」「会社員に戻ろうかな」と思うときもしょっちゅうあるかもしれません。

しかし、会社員もライターも似たような苦悩を抱えて生きていることは間違いありません。

その質や量は違えども、悩みがあるという点においては共通しています。

もしライターをはじめて、最初に苦労して悩んだときに逃げ出さずに乗り越えることができたら、その先の新しい何かを手に入れることができるでしょう。

なるためには覚悟が必要

ライターは一朝一夕で高報酬のクライアントを見つけることはできません。

小さな記事をコツコツとたくさん書いていけば、そのうちある程度の企業と知り合うことができ、そこから定期的に記事の依頼が来るようになります。

定期的に記事単価もあがり、ある程度の安定した収入を得ることができます。

そのような企業とのお付き合いをあと2件か3件すれば、収入自体は安定期に入るでしょう。

ライターをこれから目指す人は、まず、本当に自分はこれでやっていけると思っているのか。それを再確認してみましょう。

会社員を辞めてフリーランスもしくは別の形でもライターを本業にするのであれば、覚悟も必要です。

そして、その覚悟を長年貫いた方が成功する。そういう職業でもあります。