女性のライター

たくさんの女性ライターが活躍中

現在、ライターの世界では女性が多く活躍しています。

シナリオライターから雑誌ライター、コラムニスト、ルポライター、グルメライターなど、記事を書くのに男女の差別はありませんから、やる気があれば女性でもおおいに活躍できます。

男性だからこう、女性だからこう、というわけではありませんが、女性ライターはクライアントのコミュニケーションが上手で、信頼関係を上手に構築している人も多いようです。

女性のほうが長く仕事を続けやすい

フリーランスで働く人が多いライターは、いわゆる自由業とみなされています。

そのため、男性の場合はライターになったとしても、社会的地位の危うさを理由に辞めてしまう人も少なくないようです。

フリーライターであると、どうしても信頼度が低く、クレジットカードを作ることもできず、ローンを組むこともできないということになりがちです。

もし結婚して家族を持つといったことになった場合、とくに男性にとってはその点が懸念点となり、ライター業を離れる人もいるようです。

一方、女性のライターであれば家事や育児をしながらも副業としても続けやすく、長年ライターとして働き続けやすい面があります。

女性ライターのメリット

男性社長が営む小さな店や企業がクライアントになる場合、「女性ライターがいい」というリクエストの声もしばしば聞かれます。

とくに、インタビューが入る場合はなおさらです。長時間対話をするとなれば、やはり穏やかな女性と話したいという男性心理が働きやすいようです。

さらに、女性であれば、男性ライターでは手を出しづらい美容関連の記事を積極的に執筆することができます。

エステ、コスメ、化粧品など、女性読者を対象とした記事はなかなか男性ライターには書けません。また、採用側も女性の心理を分かる女性ライターを希望するのが自然です。

ライターは実力勝負の仕事ですから、男性ライターに比べて女性ライターのほうが収入がずっと高くなるといったことや、クライアントからひいきされるといったことはありません。

しかし、女性のほうが執筆分野の幅が広いというのは実際にあるでしょう。

昨今では女性の社会進出も自然な流れとなっているため、女性にしか分からない社会の荒波などの記事がウケているという実情もあります。

また、ファッション雑誌やエンタメ系雑誌、女子力と題したメルマガなども多く世に出回っており、女性の読者層に支持されています。

こうしたことから、もし女性ライターとして生きようとするのであれば、まず男性ライターが書きにくいような記事を書いてみてはいかがでしょうか。

競争率も低いですし、若者や女性に受け入れられる文章を書くことができれば、いいお仕事のチャンスを掴むことができるかもしれません。