インターンのライター

インターンのライターとは

ライターが活躍できる企業のうち、とくにWebメディア系の企業では、最近ライターのインターンを募集することが増えているようです。

インターンは多くの場合「学生」を対象に募集され、学生が就職をする前に実務を経験する、いわば「就業体験」の機会となります。

インターンは、学生からすれば社会人になるにあたって働くことについて深く考えることができたり、本当に自分のやりたい仕事を見つけるチャンスとなります。

企業側としては、インターンを通じて自社に魅力をもってもらいやすいほか、内定者を学生のうちからインターンとして呼ぶことで、いち早く即戦力になってもらいたいといった意図もあるようです。

ライターインターンの内容

ライターインターンの内容は各社で異なりますが、企画出しやリサーチ、取材対象者のアポ取りやスケジューリング、インタビュー、記事執筆など、ライターとしての幅広い業務に触れることができるでしょう。

インターンといっても実務に携わるわけですから、任されたことはきちんとやり遂げようとする責任感が必要です。

規模は小さかったとしても、自分が関わった記事や世に出たり、仕事が評価されたときにはやりがいを感じられるはずです。

なお、インターンの場合、給与は無給ということが一般的ですが、まれに時給が発生するインターンがあったり、さらに交通費程度は支給されることが多いようです。

インターンをするメリット

企業によっては、ただ単に記事を書くだけではなく、会社の幅広い仕事に挑戦する機会が得られることもあります。

インターンを募集するのはベンチャーやスタートアップ企業が多いですが、成長スピードが速く、勢いのある環境で学生のうちから仕事を経験できるのは、その後の社会人生活にも大いに役立つことでしょう。

また、ライターとしてのスキルを高めるだけでなく、ビジネスマナーなど社会人として必要なことを実践で学べるチャンスにもなります。