副業のライター

副業でも働きやすい仕事

ライターは、編集プロダクションやWebメディア企業などに勤める人がいる一方、在宅にてフリーランスで活動している人も多く、自分のペースで仕事をしやすい職種だといえます。

そのため、なかにはライターとは別の仕事を本業としながら、副業でライター業をしている人もいます。

副業としてライターをする場合、本業が休みの日や本業のオフタイムを使って記事を書いたり、執筆のための情報を集めたりすることになるでしょう。

あくまでも本業に支障が出ないようにする必要がありますが、スケジュールをうまく管理できれば、副業として長くライターをしていくことも可能です。

副業でライターをする魅力

ライターは、身ひとつとパソコンやインターネット環境があれば、とりあえず仕事をひと通りこなすことができます。

自宅のほか、カフェや図書館などを利用して記事を書くことができ、締切さえ守れば朝に仕事をしようが深夜に仕事をしようが自由であるため、副業としてはやりやすいといえます。

とくに近年はWebライティングの需要が大きくなっており、それらは比較的難易度が低めの案件も多いことから、副業のライターになる敷居は過去よりも低くなっています。

その分、単価が低い案件も増えていますが、お小遣い稼ぎ程度に副業をしたい人、収入源は別で確保しながらライターとしてのスキルをコツコツ磨きたい人などにはピッタリの仕事です。

副業でライターを始めるには

副業のライターになりたい場合、インターネットを使って仕事を探すのが早いでしょう。

「ライター募集」といった検索ワードでも副業としてやれる仕事は多く出てきますし、クラウドソーシングを利用すればライティング案件が多数掲載されていることがわかります。

経験が浅いうちは、誰にでもできるような簡単な仕事しか請けられないかもしれませんが、実績を積むことで徐々に難しい仕事に挑戦できる機会を得やすくなるでしょう。

そこでさらに経験を積み、単価をアップさせていくことで、ゆくゆくは本業にしていくことも夢ではありません。