派遣のライター

派遣のライターとは

ライターは、出版社や編集プロダクションに在籍して働く人や、フリーランスの形で個人で仕事を請け負っている人が多い職業ですが、なかには「派遣」というスタイルで仕事をする人もいます。

しかし、ここでいう派遣とは、一般事務職などオフィスワークの人が派遣会社に登録して派遣先で仕事をするものとは若干異なり、ライターのスキルを持つ人が「ライター派遣サービス」を手掛ける企業と契約を結び、ニーズに応じて仕事をするものになります。

たとえば企業が自社のパンフレットや商品カタログなどを作成する際に、プロフェッショナルとして的確な文章を書けるライターを求めることがあります。

クライアントにとって「派遣のライター」は、必要なときにだけ、必要な仕事をしてもらえるため、一定の需要があるようです。

派遣のライターとして働くには

派遣のライターとして働くには、ライター派遣を手掛けるプロダクションなどにスタッフ登録をするのが一般的です。

雇用形態は「業務委託」であることが多いようですが、企業によって募集内容が異なるため、事前によく確認してください。

派遣のライターは、即戦力としてすぐ実務に携わることができる人が求められるケースがほとんどであり、未経験者が採用されるのは難しいことが多いようです。

年齢制限はほとんどなく、20代~50代程度の幅広い年代の人が、派遣のライターとして活躍しています。

スタッフ登録のための選考では、書類審査や面接のほか、スキルチェックが実施されることもよくあります。

特定の分野に強みがあると有利に

派遣のライターは、さまざまな分野で需要があります。

経済、ビジネス、教育、語学、スポーツ、法律、サイエンス、医療、介護など、特定の分野の専門知識が豊富な人や、ある業界に明るい人であると、そういった案件がある際には優先的に仕事を紹介してもらうことができます。

ライターとして働く人はたくさんいますが、一般的なライティングスキルに加えて得意分野を作っておくと、他の人との差別化を図りやすくなります。