ゴーストライターの仕事とは?

ゴーストライターとは?

ゴーストライターとは、俗にいう「代筆屋」です。

昨今、多くの芸能人が自伝であったり、エッセイやコラムなどを自筆として出版していますが、その多くはゴーストライターの手によって加筆訂正されたり、また一からすべてゴーストライターが書き下ろしています。

芸能人以外にも、企業経営者の自伝やビジネス本なども、ゴーストライターがインタビューを行い、執筆しているケースは珍しくありません。

ゴーストライターの仕事の流れ

本編のすべてをゴーストライターが執筆する場合には、まず著者となる人物と打ち合わせをして、どのような内容にするのかを打ち合わせ、その内容に基づいて取材を進めます。

複数回にわたって取材を繰り返すため、ゴーストライターになるにあたっては、ライターのなかでもよりいっそうのコミュニケーション能力が求められます。

なお、このコミュニケーション能力とは、「相手の引き出しを開けてあげる能力」です。1つの質問をしたら相手が10答えてくれる。そのようなイメージです。

そのためには、事前に話のストーリーを頭の中で想定し、上手に会話をリードしていく必要があります。

取材のときに欠かせないのが録音機です。会話のすべてをメモ帳に収めることは難しいため、取材のやりとりは録音することが一般的です。

録音しておけば、後々「言った」「言わない」のトラブルを防ぐことにもつながります。

ゴーストライターの仕事の種類

このほか、ゴーストライターの仕事としては、脚本や音楽関連の作詞、占い関連の記事なども手掛けることがあります。

しかしながら、それがどこまでの真実性を帯びているかは定かではなく、あくまでも「ゴーストライターが書いているようだ」という噂のレベルになります。

ゴーストライターは、「自分がゴーストした(陰で執筆した)」と発表してはいけません。そのため、誰が書いたかというのは、出版社と著者しか知り得ないということになる場合がほとんどです。

なお、ゴーストライターが仕事をする経緯としては、芸能関係や出版社、編集プロダクションなどに強いパイプとコネがあり依頼されるケースや、本を出す人が知り合いのライターに依頼するケース、あるいは出版社がライターを用意するケースなどがあります。

自分で企画を持ち込んでゴーストライターになるケースや、ゴーストライター募集の求人はほとんど見られないため、ゴーストライターになりたいのであれば、その業界に属しているか、何かしらの関わりを持っている必要があります。

ゴーストライターの報酬は?

ゴーストライターの報酬は、印税契約をした場合には売上の0.5%〜1%、そうでない場合には1本あたりの原稿料として20万円といった形で支払われます。

一般のライターよりも、若干高い報酬となることが多いようです。

最初の原稿料で終わるのか、それとも発行部数によって印税が生じるのかは出版社との相談となりますが、印税契約となることはあまりないといわれています。

芸能人の書籍などで何百万部も売れる大ヒットを手がけ、印税契約をしていれば1冊で何百万円の報酬を受け取ることができますが、出版不況といわれる近年では、そこまでの報酬を得ることはなかなか難しいでしょう。