フリーランスのライター

フリーランスで働く人も多数

ライターという職業は、フリーランスで働くことも決して珍しくはありません。

もちろん、編集プロダクションなどに勤務して社員やアルバイトとして働くライターもいますが、個人で仕事を請け負いながら生活しているライターも大勢います。

フリーランスのライターになる道のりに決まったものはありませんが、一般的には、出版社などで編集やライティングの仕事に携わっていた人が独立し、フリーランスになるケースが多いようです。

フリーランスとしての働き方

フリーランスのライターは、いわゆる個人事業主として生活していくことになります。

会社勤めの場合のように、会社の仕事を割り振られて担当するのではなく、基本的に自分で営業をかけて、自分の力で仕事を得なくてはなりません。

収入は、案件ごとの「報酬」となりますが、それは限りなくゼロに近い人がいる一方、上限なく稼ぐ人もいます。

経験や実力に応じて報酬をアップさせていくことができ、平均的な会社員より多くの収入を得ることも可能です。

しかし、フリーランスは会社員のような待遇がなく、仕事の増減によって収入にも波が出やすいといった苦労もあります。

未経験からフリーランスになることも可能

あらゆる文章を作り出すライターの需要は大きく、「記事をリリースしたい」「インタビューをして文章にまとめてほしい」といったニーズを持つさまざまな企業が、必要に応じてフリーランスのライターを求めています。

とくに最近はWebコンテンツを書くライターの求人が増えており、経験が浅かったり未経験者でもOKというものも目立ちます。

フリーランスのライターにとっては仕事が見つけやすくなっているといえます。

しかし、紙媒体に比べると低い単価の案件も増えており、時間をかけて執筆しても、それだけでは生活できるほどの収入にならない可能性があります。

フリーランスのライターとして安定して仕事をしていくためには、日々のスキルアップに励むと同時に、積極的に仕事をとっていく営業力も必要になります。