ライターの独立

会社勤めから独立へ

ライターとして独立した人の経歴はさまざまですが、たいていは編集プロダクションやWebメディア企業などで編集・ライティングに携わっており、経験を積んで独立という流れとなっています。

独立までの期間はまちまちで、1年程度で実行する人もいれば、5年以上のキャリアを積んでからという人もいます。

また、決まりきったルートはないため、いきなり独立するというのも不可能ではありません。

ただし、独立して成功するのは簡単なことではないため、まずは会社でライターとしての基礎的なスキルを身につけ、制作の流れを理解し、ある程度の人脈などを構築してから独立するのが一般的です。

独立のために必要なこと

ライターは身ひとつで仕事ができる仕事であり、道具としてはパソコンとインターネット環境があれば、その他に大がかりな設備などはとくにいりません。

独立するのであれば、「ライターとしてどのような記事を書いていくのか」を考えたほうがよいでしょう。

独立して仕事をしているライターは、大きく「注文を受けたテーマで記事を書く人」と「自分が考えたテーマで記事を書く人」の2通りに分けられます。

注文を受けることを中心業務にするのであれば、クライアントのさまざまな要求やニーズに対応できるだけの知識、技術が必要です。

特定の分野については非常に詳しいなど専門性がある人が重宝されることも多いですが、幅広いテーマをまんべんなく書ける人もニーズがあります。

一方、もし自分がテーマを考えていくのであれば、それを「面白い!」と思ってもらうためのオリジナリティある視点が必要です。

もちろん、文章を書くことの基礎的なスキルが身についている必要があることは言うまでもありません。

独立して成功するとは限らない

「独立」というとカッコいいイメージで憧れる人が多くいるようですが、誰もが独立して簡単に成功できるとは限りません。

ライターの場合、たとえば料理人などが店を出す場合に比べて手軽に独立に挑戦できるのが魅力といえますが、それでも仕事が少なく、思うような生活ができないという状態は、精神的にも、もちろん収入としても厳しさを感じるものです。

ライターの世界は人脈が重要で、人のつながりで新しい仕事を紹介してもらえることも多々あります。

将来の独立を見据えている人は、会社員時代に積極的に顔を広げておくなど、計画を立てて動くことをオススメします。