ウエディングスタイルの変化

披露宴のコンセプトが変化

これまでの披露宴は「ゲストをもてなす」という意味合いが強いものでしたが、最近は「ゲストも一緒に楽しめる」コンセプトへと変わりつつあります。

また、自宅に招いたようなアットホームな雰囲気の披露宴にしたい、両親への感謝を伝える場にしたいといったニーズの多様化も進んでいます。

そうした状況の中で、新郎新婦がゲストや親に対してのサプライズをウエディングプランナーとともに企画するといったことが増えてきています。

全員参加型で披露宴を一緒に楽しんでもらうような企画も増えており、たとえばキャンドルサービスにおいても、現在は「キャンドルリレー」といって、ゲストが新郎新婦から受取ったキャンドルの火をお隣のゲストに付け渡すといったような余興があります。

ウエディングプランナーは、お客さまのあらゆるニーズに対して魅力的な提案ができるよう、常にアイディアの引き出しをたくさん持つ必要があります。

欧米のウエディング情報がヒントになることも

国内で人気の挙式スタイルといえば、ウエディングドレスに身を包み、チャペルで行うウエディングです。

定番のウエディングケーキカットにブーケトスなども、すべて欧米から入ってきたものを日本流にアレンジして取り入れられています。

ウエディングプランナーは、その歴史的背景や由来を正しく理解することが大切です。ウエディングケーキカットの仕方、ファーストバイトの意味、ブーケトスがなぜ行われるようになったか?などです。

プロとして仕事をするうえでこれらは基本中の基本です。

欧米の新しいウエディングスタイルをいち早く日本に取り入れるというのもアイディアの一つですが、こうした知識を身につけておくことで、単純に海外ウエディングをそのまま取り入れるというだけでなく、日本の文化や習慣に合った新しいウエディングスタイルを提案していくことができるでしょう。

個性を求めるお客さまには「日本にはないウエディングですよ」とお薦めすると大変喜ばれますし、オリジナリティを演出することもできます。

いま旬なウエディングは何なのか、海外ウエディングの情報についてはアンテナを立てておくとよいでしょう。

仕事体験談