ウエディングプランナーの退職・離職率

人気の仕事!でも、辞める人も少なくない

ウエディングプランナーは、近年人気が高まっている職業です。学生のうちから「ブライダル業界で働きたい!」と強い意志を持ち続ける人はもちろん、異業種から転職を志す人も増えているようです。

会社によっては就職の応募倍率もかなり高くなっているようですが、いざウエディングプランナーになったはいいものの、わずか1年〜3年未満で仕事を辞めてしまう人がいます。

正確な離職率は挙げられませんが、その数字は比較的高めだとされています。

ここでは、その理由について考えていきましょう。

辞める人はどんな人?

他の仕事と同様、結婚・出産など人生の転機を機に辞める人もいますが、そういった理由とは別で比較的多く見受けられる離職理由としては、「イメージしていた仕事とは違った」というものです。

ブライダル業界のど真ん中で活躍するウエディングプランナーには、「華やかで、人を幸せにする美しい仕事」というイメージが強く根付いているようです。

もちろん、そういった面も大きいのですが、実際の業務はただ楽しいことや、キレイなことだけではありません。

まず、会社によっては売上ノルマがあり、できるだけ多くの売上を上げるように言われます。

ただ数字だけ追えばいいわけではありませんが、確かな営業成績を上げることも、ウエディングプランナーとしての評価の一部になるのです。

また、たくさんの式の予定がある時期は、眠い目をこすって毎日深夜まで事務作業をこなしたり、1日に複数の結婚式をこなし、準備・片付けなどを含めて早朝から半日以上ずっと動きっぱなしということもあります。

さらに、人と人が深く関わり合う仕事なだけに、お客さまからクレームを受けたり、お叱りの言葉をもらうこともあります。

もちろん、ウエディングプランナーはそんなことが起こらぬよう細心の注意を払って準備を重ねていくのですが、いくらがんばっても、ときにはお客さまと考えの相違が起こってしまうこともあるのです。

楽しさを感じるまでには時間がかかる

いざ仕事を始めれば、体力面と精神面、どちらをとっても大変だと感じることはあるでしょう。

どんな仕事でもそうですが、仕事の楽しさ・やりがいを感じられるようになるまでにはたくさんの努力が必要ですし、相応の時間がかかるものです。

せっかくの喜びを味わう前に現場を去ることにならないためにも、憧れだけではなく、仕事の大変さや厳しさについても知っておき、覚悟を持ったうえでこの業界に飛び込みたいものです。

仕事体験談