ウエディングプランナーを目指す人へメッセージ (体験談)

ウエディングのお仕事は「心からのおもてなし」

ウエディングのお仕事で大切な考え方は、「サービスする」というよりも「ホスピタリティの精神」です。見返りを求めるのではなく、いかにお客さまに喜びを与えられるかというものなのです。

ウエディングプランナーは「Give and Give, and GIVE」の精神でお客さまに接することが求められます。

大半のカップルは「人生初の結婚」を控えているため、期待と不安でいっぱいです。その期待に応えるだけでなく、不安を取り除いてあげるのも重要な仕事なのです。

すべてをお任せできるプランナーに!

お客さまは自分たちのウエディングを最高のものにしたいと思い、ウエディングのスペシャリストであるプランナーに頼っていらっしゃいます。

頼れるプランナーになるためには、どうしたらよいのか?

それは、お客さまとの信頼関係をいち早く築き上げることです。そのためにはまず、お客さまのご希望を伺うことから始まります。

お客さまとの会話の中で、お客さまが何を必要としていらっしゃるのかを的確に見つけ出すことが重要です。ここではコミュニケーション能力が必要とされます。

また、新郎新婦は結婚が近づいてくると精神的にも不安定になったりしますので、精神面でのサポートも大切となります。

日常生活においても、友だちの相談に積極的にのったりするようなタイプの人は、ウエディングプランナーに向いているかもしれません。

日ごろから情報収集を

最高のウエディングを実現するためには、お客さまのご希望を取り入れた企画を提案する能力が必要です。これはプランナーの個人差が出ます。

現在のウエディングプランナーには、何かをお客さまに提案できるクリエイティブな能力が求められています。そして、コーディネートやアレンジの能力も必要です。

日常生活の中から、「こんなものをウエディングの演出に使ったら面白いのでは?」とちょっと気にかけて物事を見る習慣をつけているとよいと思います。

また日本では、欧米のウエディングアイディアを日本のお客さまに合うようにアレンジをして商品にしているものがあります。独自に欧米のウエディングのトレンドを入手して、それをお客さまに提案するのも一つの方法です。

日ごろからの情報収集が、のちのち自分の財産へとなっていきます。

心身ともに健康であるように

ウエディングの成功の秘訣はプランナー自身が体力的、精神的にタフであることです。ウエディングプランナーの仕事は時間もお休みも不規則です。挙式当日のコーディネーターは体力的、精神的な消費はものすごいと思います。

まずはプランナー自身が健康で素敵な笑顔がでるように、日ごろから健康管理を心がけておきましょう。

ウエディングプランナーは心身ともに大変な仕事です。しかし、その分ほかでは得られないような感動を味わうことができます。この仕事に興味を持っている人は、ぜひウエディングプランナーを目指してみてください。

仕事体験談