結婚、出産してもウエディングプランナーとして働ける?

自分のさまざまな人生経験が生かせる仕事

ウエディングプランナーは、圧倒的に女性が多く活躍する仕事です。その中には学校を出たばかりの若い人はもちろん、すでに結婚していたり、子どもを持っているお母さんも存在します。

この仕事に就く人は、たくさんの人々を幸せにすることにやりがいを見出し、「一生続けていきたい!」と情熱を持って働いているようです。

また、経験や知識のみならず経験がモノをいう仕事であることや、新郎新婦など人の気持ちを汲み取る力も強く求められるなど、人間力が必要とされます。

そういったことからも、年齢を重ねたりキャリアを築くことは、ウエディングプランナーにとっては一つの強みとなります。

自分自身が結婚、出産を経験することによって、相手の気持ちにも寄り添いやすくなるでしょうし、お客さまも安心して心を開いてくれるかもしれません。

しかし、どのような仕事でもそうですが、結婚や出産後にしっかりと働き続けるには覚悟が必要です。ここでは、ウエディングプランナーの仕事の特徴や働き方から、家庭と両立する厳しさを考えてみましょう。

不規則な勤務スタイル

ウエディングプランナーのほとんどは、シフト制で勤務します。結婚式は土日祝日に実施されることがほとんどであるため、自分の休日は平日になることが多くなります。

また、ゴールデンウィークなど世間の大型連休も関係なく出勤になったり、連休がとりにくいという面もあります。

1日の勤務時間も長くなりがちです。

育児中の社員は時間短縮勤務が認められていたり、定時で上がれるように配慮してくれる職場もありますが、忙しい時期は早朝に出勤して深夜まで働かなければならないこともあります。

子どもが小さなうちは、パートナーの協力や周囲で面倒をみてくれる人を探すことが必要になるでしょう。

そして、職場では「困ったときはお互いさま」の精神で、自分を手助けしてくれる良好な人間関係を築くこともポイントになります。

睡眠時間が少なくなったり自分の自由時間がとれなかったり…と、仕事と家庭を両立させるのは大変です。

しかし、自分がさまざまな経験を積んで成長することにより、仕事に対する考え方やお客さまとの接し方も変わり、仕事がより楽しくなったりやりがいを感じられるものです。

ウエディングプランナーの場合、一人でバリバリと仕事をこなすようになるまでにはある程度の時間がかかるため、現場経験のある人は重宝されるでしょう。

たとえ結婚や出産でブランクがある人でも、忙しさを理解したうえで「また復帰したい」という気持ちがあれば、活躍できる場は見つかりやすいはずです。

仕事体験談