Webデザイナーに必要なスキル

実は「Webデザイナー」という職種の名称は非常に曖昧なもので、「デザイナー」になるだけなら「今日から自分はWebデザイナーだ!」と宣言すればいいだけです。

しかし、これでは単なる「Webのデザインができる人」に過ぎません。

デザイナーとして認められるスキルを持ってからはじめて他者より「デザイナー」と呼ばれ仕事ができるようになります。

これからWebデザイナーを目指す方は、ただHTMLや画像加工ができるという「作業員」的なデザイナーではなく、サイト全体や利用者のことを考えることができる「クリエイター」を目指すべきでしょう。

デザイナーであるための最低条件とは?

HTML、CSSを理解している

基本中の基本で、これを理解していないと仕事が何もできません。

DreamWeaverなどのオーサリングソフトを使用する製作会社もありますが、それでもHTMLを理解していない人には扱いきれません。

各種画像処理ソフトを使いこなせる

Photoshop,Illustrator,Fireworksは現在Webの視覚部分の表現を行うために必須のソフトウェアです。

それぞれに用途に応じて使いこなせることが必要です。

PHPやPerlを理解する

Webプログラマーの領域ではありますが、近年はWebデザイナーにもプログラムの知識が求められるようになりつつあります。

これからWebデザイナーを目指す人は、基礎知識を知っておいた方がよいでしょう。

常にオリジナルを作り出す意欲を持つ

心構えになりますが常に新しいモノを作り出す意識は必要です。

そのモチベーションを持ち続けることがデザイナーを続ける上では何よりも大切なことです。

第三者の目で自分の作品を見られる

自分の主張だけではなく、クライアントや利用者の立場に立ったデザインができてこそプロフェッショナルです。

利用者あってのサイトであることを冷静に判断できる目が必要です。

これらのスキルはどこで身につける?

これらのスキルを身につけるためにはどうしたらよいでしょうか?

独学でも可能ではありますが、Webデザイン科のある専門学校やスクールに通うことで基礎を身につける方が確実といえるでしょう。

就職してからも絶え間なく進歩するWebの技術に対応していかなければなりません。

時に同僚と共に、時に独学で就職してからもスキル向上のための勉強は必須です。

仕事体験談