Webサイト制作に関わる職種

「Webデザイナー」という職種は実は非常に曖昧な定義です。人によってはHTMLの書き起こしだけをして、デザイナーという方もいますし、Webの利用者までも視野にいれた全体を管理してこそ「デザイナー」だという方もいます。

定義こそ曖昧な「デザイナー」というくくりですが、デザイン会社でサイトを作る場合は役割分担が必ずされています。

この際の作業ごとの担当を「ディレクター」「コーダー」「デザイナー」「プログラマー」などと職種分けして呼ぶことが多いようです。

ですが、実際の現場では完全に分業されていることは少なく、プランナー兼ディレクター、デザイナー兼コーダーと言った形で兼任されるケースがほとんどです。

各職種の役割

Webディレクター

Web制作の現場監督のような役割です。与えられた案件に対し人員の配分やスケジュールの調整を行う他、仕上がったサイトの監修を行うのがディレクターの役割です。

Webサイトを制作するにあたり、Webデザイナー、Webプログラマーなどの制作スタッフをまとめる役割を担います。

Webディレクターの仕事

Webプランナー

持ち込まれた依頼から、どのようなサイトを展開するか構想し、時に自社の技術で提供できるサービスを考え出し売り込むのがプランナーの役目になります。

サイトの骨子になる部分や「案件」を作り出すのが仕事になります。

Webデザイナー

Webサイトのデザイン部分を担当します。ページデザイン、レイアウトの作成、写真などのイメージ加工、動画作成、時にはイラストを描く作業に当たる人を、一般的にWebデザイナーとよびます。

製作環境によってはレイアウト=コーダーの仕事となることもあります。

コーダー

Webデザイナーが制作したデザインを理解し、デザインをもとに実際に画面上で表示されるようにHTMLやCSSを組んでいく仕事です。

Webデザイナーがコーダーを兼ねることも多くあります。

プログラマー

PHPやPerlなどのプログラム言語を用い、動的に機能する部分を作成します。

サイトの特性によってはプログラマがコーダーを兼ねたり、プログラムを書くこともあります。

その他

これらの他に、サイトによっては商品写真などを撮影するカメラマンや、大量に文章がいるサイトではライターを起用することも多くあります。

クライアントのイメージによっては自社デザイナーでは賄えないデザインを要求されることもありその際はデザイナーの他にイラストレーターに参加してもらうこともあります。

仕事体験談