Webデザイナーの仕事の流れ

Webデザインの現場ではどのような流れで仕事が行われているのでしょう。

デザイナーなどの個性で若干の違いはありますが、やるべきことはほぼ同じです。

サイトができるまでの一例をとってその中でデザイナーの役割を見ていきましょう。

仕事の発生、ディレクター・プランナーが方針を決定

企業の担当者の持ち込みや、自社の営業の働きかけで「仕事」になりそうな案件が発生すると、プランナーやディレクターを中心に企画の目的やコンセプトなどを明確にし、どのようなサイトを作るかの方針が決められます。

Webディレクターの仕事

デザイン草案の作成

サイトの方針が確定すると今度は視覚的にどのようなサイトがいるのか、デザイナーを含めた大まかなデザインやクライアントに見せるためのデザインの草稿を作成します。

このときデザイナーが複数所属する会社などでは、社内のデザイナーがそれぞれ案を持ち寄り、どの案を採用するかのコンベンションが行われることもあります。

お客さまへのプレゼンテーションと受注

どのようなサイトを会社が作り、そのサイトはどのようなデザインになるかをプランナーやディレクターがお客さまに説明し、さらに詳細な要望を聞き出します。

この際のプレゼンテーションにデザイナーが同行し、デザインの意匠について説明するケースもあります。

他社との競合がある場合はこれらのプレゼンテーション資料を基にコンベンションが行われ、これに勝利すれば仕事が発注されます。

プログラマーを含め仕様の確認・スケジュールの設定

主にディレクターの仕事になりますが、誰をどの仕事に割り振りスケジュールを作成また調整します。

さらにサイトの骨格をプログラマーやデザイナーも混ざりより具体的なものにします。

実際の製作を開始

確定した仕様とスケジュールに沿って実際にWebサイトの制作が始まります。ここからはデザイナーとプログラマーの独壇場です。

仮納品

クライアントには作製中の随所でサイトを見てもらい、問題点や仕様の再チェックを行います。

改良の必要がでるとデザイナーを中心にこれらの問題の解決や修正をおこないます。

運用開始

サイトが完成に、すべての項目でクライアントよりOKが出ると晴れて公開され運用開始です。

サイトはその後も更新や追加などが発生することもあり、その際にはデザイナーの出番がまたやってきます。

仕事体験談