Webデザイナーが学んでおくべきこと

Webデザイナーになる上で覚えておかなければならないことはたくさんあります。

これからWebデザイナーを目指す上で最低限学んでおいたほうがよい事柄について説明いたします。

HTMLやCSSなどの基本言語

これは必須です。HTMLとCSSなくしてはページの根幹すらつくれません。これはずっと必要となる技術ですのでしっかりと習得しましょう。

双方ともつねに新しい仕様にアップグレードしていますので新仕様にも対応できるようにしておくことが必要です。

Photoshop、Illustrator、Fireworksに代表されるグラフィックソフト

写真やロゴ、または全体のレイアウトイメージを作る上で必ずといっていいほど使用するソフトウェアになります。

ホームページの各部位に存在するグラフィックアイテムを生成するためにソフトウェアの使い方や応用方法を学ぶ必要があり、場面ごとに使い分けていきますので身に付けていきましょう。

PHP

PHPプログラミングの技術が昨今のWebサイトで多用されています。サイト内で、いろいろなデーターの連動を必要とする際に使われる技術のひとつです。

PHPを身に付けることで、より機能的なサイト構築のデザインができるようになります。

Webプログラマーがほぼ必須としてこのPHPを習得していますが、デザイナーもキチンとPHPを把握しておくことで、サイトを作る効率が格段にあがります。

デザインについて

逆にデザイン関連の基礎知識や、カラーコーディネートなどの要素は現場の案件に触れるようになってからではないと実感できない部分がほとんです。

実践と並行して行うことでこのあたりは理解が可能になる部分であるともいえます。

「これから勉強を始める」という方には学びの後半にもってきても良い部分かもしれません。

幅広い技術を学んでおく

大きな製作会社の場合サイトを作るお仕事は、きちんと営業・ディレクター・デザイナー・プログラマー・運用者と役割分担がされています。

デザイナーの役割はサイトのデザインだけでほぼ済むことでしょう。

しかしスタッフの数が少ない会社や、個人で経営しているスタジオではこの法則は当てはまりません。

一人が何役もこなしたり、しいてはすべてをやる場面すらあります。

このような場合に備えて、デザイナーのスキルだけではなく、ディレクターやプログラマーとしてのスキルも学んでおくに越したことはありません。

資格や認定

デザイナーには「ウェブデザイン技能検定」という国家検定がありますが、これがないとデザイナーになれないということではありません。

これはあくまでも「基礎部分を修了しましたよ」という目安の検定です。

就職の資格としてのアドバンテージとしてはこの「ウェブデザイン技能検定」よりは、いろいろなデベロッパー企業が行う「認定試験」をクリアされているほうが現場としては実践ですぐ使えることもあり重宝する場合もあります。

仕事体験談