Webデザイナーの就職先、活躍の場

Web制作会社に勤務

Webデザイナーの就職先として、最も代表的といえるのがWeb制作会社です。

Web制作会社の規模は大手から中小ベンチャーまでさまざまですが、その名の通りWebサイトを専門的に作ることから、さまざまな業界の企業がクライアントになるケースも多く、多様な案件に携わることができます。

社内では、Webデザイナーのほかにも「Webディレクター」や「Webプロデューサー」「Webプログラマー」などが働いており、とてもクリエイティブな雰囲気があります。

Webディレクターの仕事
Webプロデューサーの仕事

また、企業によっては、本人の意思や適性によって、デザイナーから別職種へとステップアップしていく道も開かれます。

他業種の社内デザイナーや広報部など

Web制作会社意外にも、自社でWebサイトを運営していたり、社内のWebサービスを作ったりするデザイナーとして、各業界の企業で働く人もいます。

クライアントの案件ではなく自社の仕事をするため、よりじっくりと、愛着を持って、WebサイトやWebサービス作りに関わっていきやすいといえるでしょう。

また、企業によっては、自社のWeb担当や広報・PR関連の部門でデザイナーとして働く人もいます。

この場合、ただデザインするだけではなく、外部の制作会社と社内の橋渡し役となってディレクションしていくこともあります。

フリーランスで働く人も多い

Webデザイナーは、会社勤め以外に、フリーランスで活躍している人もそれなりに多くいます。

最初からフリーになってしまう人もいれば、Web制作会社などである程度の経験を積んで、独立する人もいます。

制作会社勤めの場合、WebデザイナーからWebディレクターになるケースも多いですが、デザインの道をひたすら究めていきたいという場合、フリーになってしまう人もいるようです。

フリーになるために決まった道筋はありませんが、安定した収入を得るためにはWebデザインのスキルに加えて、地道な営業活動や人脈作りも欠かせません。

仕事体験談