女性のWebデザイナー

女性にとって働きやすい仕事?

Webデザイナーは、男性と女性、どちらもたくさんの人が活躍している仕事です。

世の中のさまざまな職業のなかには、女性にとっては体力的に不利になるといえるものもありますが、Webデザイナーの場合は「力仕事の面は一切なし」といっても過言ではないため、女性にも働きやすい仕事であるといえるでしょう。

Web業界は全体的に比較的女性の割合も大きく、女性クリエイターがたくさんいることから、女性が職場で肩身の狭い思いをするといったこともあまりないでしょう。

男女関係なく、個々の感性や美的センスを生かして、ものづくりに取り組むことができます。

派遣やフリーで働くこともできる

とはいえ、女性にとって最も気になるのは、実際の勤務環境や労働時間・残業・休日などの状況かもしれません。

「Web業界はハードになりがち」という声はよく聞かれるところであり、どうしてもその点を心配してしまう人もいるでしょう。

実際には、職場によって仕事のハードさにはだいぶ差があるようです。ときには徹夜や休日出勤までしなければならない職場があれば、ほとんど残業をせずに帰宅できるような職場もあります。

また、結婚・出産後も仕事を続けていけるかどうかという点についても、職場の制度や福利厚生などによって変わってきます。

さまざまな企業がWebデザイナーを採用しているため、よく選んでいけば自分に合う職場を探すことができるはずです。

また、この仕事は派遣社員やアルバイト、さらにはフリーランスで働くこともできます。フリーの場合は会社に所属するわけではないため、自分ですべての責任を負わなくてはならない厳しさがありますが、時間を自由に使いやすいというメリットもあります。

Webデザイナーは、スキルやセンス、そして人脈があれば、さまざまな働き方で活躍し続けることができます。女性が長く続けていくことも十分にできる仕事だといえます。

仕事体験談