派遣のWebデザイナー

即戦力になれる人が求められる傾向にある

Webデザイナーは、正社員として働くほか、派遣社員として働くこともできる仕事です。

派遣社員であっても、専門的なスキルが必要とされるWebデザイナーとして採用される場合には、正社員と同じような仕事を担当することができます。

ただし、業務そのものではなく自社の将来に関するプロジェクトなど、会社にとってとりわけ重要な業務に関しては、正社員でないと任されないこともあるため注意が必要です。

なお、Web制作の現場では、とにかくスキルがある人が歓迎されます。

「未経験でも歓迎」という職場はありますが、経験者と未経験者がいれば、即戦力になれる経験者のほうがずっと優遇されやすいことは事実です。

また、給与や待遇に関しても、スキルがある人ほど良い条件で採用されることが多いです。

こうしたことから、Webデザイナーとして良い条件で働きたいのであれば、まずは派遣社員としてさまざまな現場経験を積み、そこから正社員へステップアップしていくのもひとつの手といえるでしょう。

派遣として働くメリット・デメリット

一般的に、派遣というとどうしても不安定な面に目が向きがちですが、派遣だからこそのメリットもいくつかあります。

たとえば、派遣であれば正社員よりも職場を移りやすく、多様な案件に携わりながらスキルアップしていきやすいこと。

また、事前に派遣会社に登録した勤務条件に沿った職場で働くことができるため、自分の時間も確保しやすいことなどが挙げられます。

一方、デメリットもあります。

たとえば、同じ会社でキャリアアップしていきたいのであれば、やはり正社員でないと難しくなってきます。

また、派遣社員はあくまでも期間を決めての契約となるため、いつ契約更新されなくなるだろうか、という不安を抱えながら働くことにもなってきます。

社会的な評価についても、正社員と派遣社員ではどうしても変わってくるため、よく考えてから雇用形態を選択する必要があるといえるでしょう。