Webデザイナーは激務?

Webデザイナーは残業が多い?

Webデザイナーというと、ものすごく残業が多くて、ハードワークだと思う人もいるようです。

しかし、実態がどうなっているかといえば、やはり「職場による」ということでまとめられます。

Webデザイナーのおもな活躍の場としてWeb制作会社がありますが、最近はその数がものすごく増えており、会社によって規模も組織体制も事業内容も異なります。

まったく同じように働ける職場はないといっても過言ではなく、職場によって忙しさは異なりますし、その時々に抱えている案件や時期などによっても忙しさは変わってきます。

Webデザイナーだから絶対に忙しいというわけではないことは知っておいてください。

納期ありきの仕事であることは間違いない

しかし、全体的に見ると、Webデザイナーは忙しくなりがちな仕事であることは確かです。

それというのも、この仕事は「納期」ありきの仕事であり、それに間に合わせて作業を進めていくために、常にスケジュールを細かく意識する必要があるからです。

制作工程では予期せぬ方針転換やトラブルが発生することもありますが、基本的に納期は絶対に守らなくてはなりません。

そうなると、どうしても夜遅くまで残って作業をしたり、ときには休日出勤をせざるを得ないことも出てきます。

こうしたことから、Webデザイナーの仕事は忙しいというイメージが持たれることが多いのかもしれません。

定時で帰れることも

Webデザイナーが本当に案件に追われているときは、毎日終電帰りということも決して珍しくはありません。

しかし、仕事が落ち着いている時期には定時に帰宅する、ということも可能です。

Web業界や制作会社などは、「いつ忙しくなるかわからない」という特徴があるため、そこで働く人たちもメリハリをしっかりとつけて、帰れるときには早く帰るという意識を強く持っている人が多いです。

また、自分のスキルが磨かれれば短時間で良い作業ができるようになるため、効率的に仕事を終わらせることもできるようになります。

仕事体験談